「キズテン」

c0019551_19451031.jpg

久しぶりに代々木に行きました。
駅前の「代々木会館」がまだありました。
ここは知る人ぞ知る、TVドラマ「傷だらけの天使」の舞台です。
築40年を経ているそうで、上階は空家。
朽ち方もかなり激しいです。
中学時代の代ゼミの帰りは1階の金物屋の奥で、カツカレーをよく
食べていた事を想い出しました。

彼らのいたあの屋上を見上げてしまいます。
c0019551_19391590.jpg

修(ショーケン)と亨(水谷豊)が、ここのペントハウスに住んでいました。
ショーケンがトマトをかじり、牛乳を飲んで睨む、あのオープニングが懐かしい!!
そのテーマ曲こそが我が高校時代の目覚まし替わりでした。
過激なドラマだったけど中学2年の時には、親に内緒で、こっそり見ていました。(笑)
あの頃のショーケンは最高にかっこよかったな~

第二回「東京町家」勉強会のお知らせ(申込制)
開催日時 2008年1月18日(日) 13:30~17:00前後(受付13:00)
会場住所 渋谷区代々木2-11-17 ラウンドクロス新宿 3F
       INAX新宿ショールーム(アクセス

「北葛西の家2」完成見学会のお知らせ(申込制)
開催日時 2008年2月7日(土)、8日(日) 10:00~17:00
※小学生以下のお子様のご入場は出来ません。

「東京家づくり工務店の会」を中心とした「OZONE」セミナーのお知らせ(申込制)
開催日時 2008年1月24日(土) 11:00~13:00
※このセミナーはOZONEに直接申し込み下さい。


<お問合せ、申込みは下記へ>
Eメール info@tanaka-kinoie.co.jp
TEL   03-3657-3176
FAX   03-3657-3110


by tanaka-kinoie | 2009-01-09 19:29 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/10558960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rantaro_papa at 2009-01-09 23:58
明けましておめでとうございます。「傷だらけの天使」はケーブルテレビで再放送していますが、今見ると大人の内容でビックリ。親は見せたくなかったかも、、、男子はアキラ派とオサム派に分かれていましたがsandaime さんはドチラだったのでしょうか?今年もよろしくお願いいたします。
Commented by tanaka-kinoie at 2009-01-10 08:34
rantaro_papa様
あけましておめでとうございます。
>「傷だらけの天使」はケーブルテレビで再放送しています
えっそうなんですか~ 知りませんでした。
当時は今ほど、規制が無かったので・・・・大人の内容、過ぎますね。
私は修を気取っていました。
子分はいませんでしたが。(笑)
Commented by tokyomachiya at 2009-01-10 11:20
このドラマ、初期の頃は、やたら人や動物が死ぬんですよね。
それで教育上良くないということになって、途中から死ななくなりました。
たしか恩地日出夫や深作欣二と言った実力派映画監督が毎回変わって担当していましたね。
深作欣二の時は、意味も無く乱暴粗雑でアウトローが強く描かれていて好きでしたがあまり人を殺すので途中から外されてしまいましたね。
恩地日出夫が一番イメージを創ったように思います。

このとき僕は大学生。
山手線で代々木を過ぎる時、上を見上げている人が多かったように思います。(笑)
Commented by tanaka-kinoie at 2009-01-10 13:18
迎川さん
動物が死んだのは、あまり記憶がありません。
でも子ども心ながらに、ちょい悪であり、ちょっとの優しさがある二人に
憧れていました。
1階は路面の飲食店が結構盛況だったことを記憶しています。
Commented by エボホーム at 2009-01-10 14:29 x
テーマ曲。井上バンドでしたよね。

同世代という実感が沸きました。
「アニきぃ~」という水谷さんもカッコよかったですね。

どこかのアニキとは大違いです(笑)
Commented by tanaka-kinoie at 2009-01-10 15:05
エボさん
井上バンドって知りません?
でも鮮烈の思い出せるあのメロディー
目覚めに聞くと、シャキンとしたような、しなかったような・・・・(笑)
アニキィー あの声を真似したっけな~

私と同じ歳の兄貴だったら確かにイメージが違いますが、あちらには子分は沢山いますよ~
Commented by クラッカーランド at 2009-01-10 21:39 x
兄貴ぃ~!
おいらも海に連れて行ってくれよぉぉぉ~!
Commented by minoru-okura at 2009-01-10 22:01
「傷だらけの天使」強烈に覚えています。
しかも当時代々木ゼミに通う浪人生。
東京町屋さんと違いこちらはアウトロー一歩手前の状態。
エボさん、確か「太陽にほえろ!」も井上タカユキバンドでしたよね。
今聞いても新鮮です。
Commented by hi-chan15 at 2009-01-11 08:28 x
あけましておめでとうございます
今年もいろんな意味で刺激を受けさせて下さいませ。。
ところで一つ質問ですが・・・
小学校以下のお子さんの入場を断ってありますが これは
お子さんが外で待っているわけではないのですよね?
最初からつれてこられないのですか?
その辺が気になっています

Commented by tanaka-kinoie at 2009-01-11 23:07
大蔵さん
もしかしたら代ゼミで会っているかもしれませんね~(笑)
井上タカユキバンド ってわかりました!!
Commented by tanaka-kinoie at 2009-01-11 23:30
亨よ~
あまえにゃ海は、似合わね~な~ 山が似合うよ~(笑)
でも夏には連れてってやるから、しばらく山で頑張れよ~(爆)
って修なら、そう言うかも・・・・・・ゴメンナサイ
Commented by tanaka-kinoie at 2009-01-11 23:32
井本様
おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
小学生以下のお子さんの入場は、悩みに悩んだ末のことです。
中々、お願いをしても見学に夢中のお客様はお子様のめんどうが見れないなどで小さなトラブルが多くありました。
正直、この注意の為に見学を諦める、お客様が出たり、腹を立てる方もおられると思いますが、手袋をしてもらっても和紙と塗り壁に傷や汚れを付け易いです。
大事にもならず直せないことも無いのですがお住まいになる方へのことを考えたりして踏み切りました。
ご夫婦が交代で見学され、お子様は車内か外でお待ち頂くことになったりとなります。
もちろん初めからお連れにならない方もおります。
特に小さな家が多いので、そうせざるを得ないのです。
そう決めてからは大人もゆっくりご覧を頂けますし、我々も冷や冷やすることが無くなりました。
Commented by hi-chan15 at 2009-01-12 08:15 x
ありがとうございます
私たちも元気のいいお子様が、高いところから飛んだり、跳ねたりと
親御さんも、なかなか注意してくれる人が少ないし・・・
わたしたちが注意するのにも限界があり 結構悩むところなのです
参考にさせていただき 検討していきたいと思っています
難しい問題なのですが このままでいいとも思わないしですね。。
Commented by tanaka-kinoie at 2009-01-12 13:43
井本様も同じでしたか。
元気なお子様がいても中々、注意もしずらいのですね。
どちらにしてもモデルハウスでも無いし、見学者の方もいずれは見学される立場だと思います。
かえって、今度見学会をお願いされる立場の時には、ご安心頂けるのではないでしょうか。
あまりクローズだと思われても何ですが、うちは予約制ですし、近所の方も一切の見学を御断りをしています。
お一人でもお見せしたら、近所だからこそ大勢が押しかけますし、終いには金額まで聞いてきますから・・・・
とにかく、難しい問題ですね。
<< 箱根駅伝は「経済戦争」? 遅ればせながら おめでとうござ... >>