大磯 吉田茂邸

先日、焼失してしまった大磯の吉田茂邸を1年半程前に見学をする機会がありました。
拝見出来たのは、ダイニングと応接間などのごく一部でしたが現代数寄屋の祖である建築家 吉田五十八の設計の贅を尽くした邸宅でした。
300坪もある邸宅は所有者の西武鉄道も手入れをし切れないのか、お世辞にも庭、建物も良い管理状態とは言えず、
少々残念でしたが、吉田茂の晩年まで多くの政治家が詣でた家には、歴史を感じさせる趣きだけは残っていました。


c0019551_15351648.jpg

正面はダイニングです。
c0019551_15352982.jpg

サンフランシスコ講和条約の締結
を記念してつくられたという
兜門(通称講和門)です。
当時で家一軒分の工事費が
掛かったそうです。




「西小岩の家」構造見学会のお知らせ(申込み制)
開催日時:4月11日(土) 10:00~16:00  
開催場所:江戸川区西小岩

「越屋根のある家」構造見学会のお知らせ(申込み制)
開催日時:4月18日(土) 10:00~16:00  
開催場所:新宿区原町
長期優良住宅先導的モデル採択事業です。

<お問合せ、申込みは下記へ>
Eメール info@tanaka-kinoie.co.jp
TEL   03-3657-3176
FAX   03-3657-3110

c0019551_8372298.jpg
東京家づくり工務店の会 ホームページ
by tanaka-kinoie | 2009-03-30 15:00 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/11214673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 塩地博文 at 2009-03-30 17:32 x
ご一緒出来てよかったです。
Commented by tanaka-kinoie at 2009-03-31 08:52
塩地さん
良い機会を与えて頂き、感謝しています。
西武鉄道が所有者になったことは、良い事ですが、あれだけの建築は手入れが難しいのでしょうね・・・・・
火事になったことは、とても残念です。
<< iittala / Kartio 帰宅支援キット >>