お引渡し

家造りをしているとお客様の家ながらとても愛着が湧いてきます。
それなりに手塩に掛けて育て(造って)てきました。
近年の私共の家造りは、本当に良い家になったと実感出来ます。
引き渡すのが惜しくなるのも事実ですし、ちょっとした寂しさがあります。
お客様よりは最後に感謝とねぎらいの言葉がありました。
弊社に頼んで良かった、OMソーラーにして良かった これが一番嬉しい言葉です。
今日お客様に託したこの住宅は時間の経過と共に色艶と味わいを増して美しくなっていくのです。
そんな家造りをこれからもしていきます。


c0019551_2216247.jpgc0019551_22161036.jpg
お引渡し時にOMの制御盤TC-5の説明中、過去のデーターメモリー機能もあり操作性も良いです。


c0019551_22161910.jpg
風量の調整が出来るシャッター付き床吹き出し口の説明


c0019551_22393375.jpgc0019551_22394215.jpg

c0019551_22415474.jpg

何回も紹介してきましたがさわら浴室もこの洗面台のヒノキ台形集成材も美しく変化していくのです。



c0019551_22535317.jpgc0019551_2254052.jpg

100年以上吉野の山で育てられた、赤身の美しいこの杉は市川真間の家で階段のささら桁として使われながら、更に色艶と味わいを増していくはずです。
5年後いや10年、20年後が楽しみです。


ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
OMソーラーの家『東京町家』もよろしくお願いします。
by tanaka-kinoie | 2005-03-23 21:00 | 建築、仕事 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/1232465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from OMソーラーの家「東京町家」 at 2005-04-07 23:03
タイトル : 布田の家の引渡し式
布田の家の引き渡し、、、月桃(げっとう)をお嫁に出しました。 先日見学会を行った「布田の家」が、昨日お引渡しになりました。 東京は、汗ばむほどの暑さで、風が気持ちよい季節になった。 監督から引き渡し書類関係の説明があった後、お引渡し状を読ませていただいた。 御主人は、途中からちょっとウルウル、それが奥様から私たちにも伝染した。 設計を担当した松長さんから、かわいらしいプレゼントを受け取った時、奥様の目からは・・・。 伊礼設計室から、月桃の樹がプレゼントされた。 さて、記念植樹が始...... more
Commented by katuki_yamamoto at 2005-03-25 01:10
遅くにスイマセン山本です
久しぶりに伊藤さんのお顔が見られて、しかも作業着で・・・
私はまだTC-5は使った事がないのですが、話を聞く限りではたくさん機能があり説明するのも大変そうですね
シンプル・イズ・ベストの方が・・・・・・
Commented by tanaka-kinoie at 2005-03-25 07:22 x
山本さん、コメントありがとうございます。
うちでは実験工房の時からですのでTC-5が殆んどです。
普通に使えば全く簡単です。
以前より配線も楽だし、小さいので給湯リモコンと並べても違和感が無いし使い易いと思いますよ。
確かに同じような事を、やはりOMの老舗工務店が言っていましたが慣れれば大丈夫です。
Commented by tokyomachiya at 2005-03-25 16:35
田中さんの身を削って工事している姿を見ると、この文章の意味がジィ~ンと心に突き刺さります。実際工事の度に体重を落としていて・・・。
まるで、娘を嫁に出す親父の心境ですね!
今回は、自社設計ということで、余計に気持ちが入ったかな。
ご苦労様でした。
Commented by hinata_gkc at 2005-03-26 01:58
引渡しってちょっとさみしいと思ったりします。
(はやく終わりたいと思う気持ちもあるけれど…)
この日を境に自由に出入りできなくなるからなぁ~
<< 東京町家勉強会開催 開催中 >>