歌舞伎座カウントダウン

c0019551_18531947.jpg

久しぶりに昭和通りをこえて歌舞伎座前へ
ライトアップされて綺麗なんですね。
建て替えが決まり、5月に公演カウントダウン時計が設置
されて最終公演までの日数が表示されています。
(右下がカウント この日は196日)

歌舞伎を見たのは高校時代の学校行事でと随分前に親戚に
誘われた2回だけです。
ここでの公演は来年の5月まで
久しぶりに行ってみたいと思っています。

「住まい教室」のお知らせ(申込み制)
開催日時:10月31日(土) 13:30~16:00程度 
開催場所:江戸川区西小岩3-15-1 田中工務店 3階展示室
駐車場の御用意もございます。
<お問合せ、申込みは下記へ>
Eメール info@tanaka-kinoie.co.jp
TEL   03-3657-3176
FAX   03-3657-3110

現場監督を募集しています。

c0019551_21451214.jpg
東京家づくり工務店の会 ホームページ
by tanaka-kinoie | 2009-10-22 08:17 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/12697143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pagezeni at 2009-10-23 06:34
一等席でさえ、苦行のため?っていうくらい小さいですね、座ったことはありませんが(^_^;
一度桟敷席で観てみたいものです…
Commented by tanaka-kinoie at 2009-10-23 11:31
pagezeni様
そう言えば昔の映画館みたいに狭い空間だったのを思い出してきました・・・・
桟敷席は役者にライトが当たると同時に観客にもライトがあたり、注目されていたのを覚えていますのであれはあれで恥ずかしそうでした。
私は歌舞伎よりも、建物に興味があります。(^_^;
Commented by hi-chan15 at 2009-10-23 14:16
年だけは取ってる私が歌舞伎を観たのは博多座で一回だけ(5年ほど前)とても綺麗な姿に感動しました
この歌舞伎座は永い歴史を重ねてきたんですね
来月東京に行く予定です
東京駅の近くまで行くので 最後に目に焼き付けてみようと思います
楽しみです♪
Commented by tanaka-kinoie at 2009-10-23 19:00
井本様
この歌舞伎座は、岡田信一郎設計 吉田五十八が改修設計など大家によるものです。
日本の伝統芸を演じる器としてふさわしいものですので一度ご覧下さい。
唐破風など重厚な入口です。
少し歩けば、金田中や吉兆などの料亭の数寄屋建築を見る事も可能ですよ。
Commented by kyoco-chan at 2009-10-24 20:16
すご~い!! 外国かと思ったら
日本なんだ~@@
歌舞伎を見たのは、高校の演劇鑑賞とかそんなイベント。
内容も題名も覚えていないし、どんなものかも
実はわかっていない無教養な女です(^_^;) 恥。
Commented by tanaka-kinoie at 2009-10-25 18:16
kyoco-chan
外国に見えない事もないですね~(笑
自分も歌舞伎の演目は全くわかりません解説してくれるイヤホンを貸してくれるはずですよ。
>実はわかっていない無教養な女です(^_^;) 恥。
いえいえ自分も含めて日本人の殆どがそうだと思いまーす。
<< ビニ本? 環境問題委員会 >>