唐松パネル

大阪の弟こと哲ちゃんに頼んでいた新作の唐松(ラーチ)パネルが届きました。
新作は1100×2000の少し大きめのサイズで節も少なめでグーです。
c0019551_1902091.jpg
唐松は割れや狂いも出やすいと言われていますが年輪・板目がくっきり
浮び上がり、針葉樹の中では重硬で樹脂成分も多い木材です。
このパネルは、その唐松の無垢材を剥いだ物で集成材とは雲泥の差の良さ。
Jパネルのような三層クロスパネルも悪くないですが無垢の1枚板と変わらぬ
高級感があり、お客様にも人気があります。
家具の天板、カウンター、階段などに何でも使えて欠かせない材料です。
左の写真は無塗装の状態ですが塗装を施すと杢目がはっきりとして重厚な
雰囲気になります。
鬼胡桃パネルも在庫がありますが、広葉樹はオイルで仕上げればしっとりした
質感がこれまた良い感じなのです。

下の写真は階段と家具での使用例です。
c0019551_19111816.jpgc0019551_19112832.jpg
c0019551_19372651.jpgc0019551_19252125.jpg
「長期優良住宅」をテーマにした住まい教室のお知らせ(申込み制)
開催日時:6月26日(土) 13:30~16:00程度 
開催場所:江戸川区西小岩3-15-1 田中工務店 3階展示室
駐車場の御用意もございます。


<お問合せ、申込みは下記へ>
Eメール info@tanaka-kinoie.co.jp
TEL   03-3657-3176
FAX   03-3657-3110

c0019551_15213038.gif
東京家づくり工務店の会 ホームページ

by tanaka-kinoie | 2010-06-15 19:06 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/14593421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 大阪の弟です。 at 2010-06-16 11:24 x
今回の天然から松 巾ハギ板は前回納品した物より、厚み・巾もちょっと大きくして、尚且つ杢目にも拘った材料なんです。階段・家具・天板と何にでも使えます。
しか~し!これ出来あがるまで約1年待ちました。
私が納得する杢目が積んだ丸太が入荷しなかったのが原因なんやけど・・・
今月末か来月頭に、大量に出来あがりますので、そちらも抑えて置きましょうか?(^_^)v
因みに、近々私のブログにUPしますが、もうちょっと巾狭い巾ハギパネルが少量あるのですが、殆ど小節程度なんだな?
しかも一枚3,000円やで~(>_<)
Commented by tanaka-kinoie at 2010-06-16 13:11
哲ちゃん
今までの物も良かったけど今度の特にいいよ~!!
うちの標準品ですので在庫はしっかりしておくつもりです。
3,000円の物も魅力ですが・・・・・
<< 鉋の口入れ 人形町 寿堂 >>