鉋の口入れ

大工の道具の代表的な物に鉋(かんな)があります。
樫などの堅い木の台に刃が組み込まれている台鉋のことですが現在の家づくりの大半がそんな道具を必要としない家になりました。
無垢材、いや木材を殆ど使わずに組み立て屋的な仕事が殆どでは無いでしょうか!!
もちろん既製品の塩ビやシート張りの材料を使わない弊社の家づくりではかんなとのみは必需品です。
そのな道具は日頃のお手入れが大事なのは言うまでもありません。
刃を研ぐことや台の調整など現場から戻ると、弊社の下小屋でこれらの道具拵えを行っています。

c0019551_18444027.jpg

これはたまに行われる口入れと呼ばれる道具拵え。
鉋の広がってしまった刃先の孔を埋める作業です。
ボンドにより埋木を旗(クランプ)でくっ付けている状態。
c0019551_18444816.jpgc0019551_1844569.jpg
c0019551_1845262.jpg

楔(くさび)とナラやカシなどの埋木のアップです。








下:楔を外して埋木を削るとこんな感じになります。
下小屋をざっと見渡しただけでも7人の大工の鉋で50台程度はありそうです。
c0019551_18451092.jpg c0019551_18501022.jpg
「長期優良住宅」をテーマにした住まい教室のお知らせ(申込み制)
開催日時:6月26日(土) 13:30~16:00程度 
開催場所:江戸川区西小岩3-15-1 田中工務店 3階展示室
駐車場の御用意もございます。


<お問合せ、申込みは下記へ>
Eメール info@tanaka-kinoie.co.jp
TEL   03-3657-3176
FAX   03-3657-3110

c0019551_15213038.gif
東京家づくり工務店の会 ホームページ

by tanaka-kinoie | 2010-06-16 18:32 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/14599892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 亀戸餃子 唐松パネル >>