社窓から

会社の窓から見下ろした下小屋です。
大工と監督で「江戸川ガレージのある家」のガレージ扉の製作に関して打合せの様子

c0019551_9534471.jpg
下小屋は主に造作工事の加工場であり、機械、工具、道具の置き場と
木材の倉庫です。
大工を抱え、下小屋を持つ工務店は都内では珍しくなっています。
会社に隣接していることで設計担当や監督が大工と打合せをするには
好都合です。
木材の種類も覚えるし、納まりを学ぶにも大きなメリットになっています。
大工はここから現場に出発して、戻るので毎日、顔を合わせた報告が聞けます。
もちろん、こんな下小屋を持たない工務店でもしっかりとした加工専門業者
あるので全く問題はありません。(忙しい時には弊社もお願いをします。)
どんな材でも選べるし、大底の加工は可能です。

都市部では土地が高く、スペースの確保と騒音の問題もあるので下小屋を
持つ事は難しく、現場での加工体制を工夫をしている会社も沢山あります。
実際、弊社のように自社で材料を加工すると端材や削り代で材料の無駄も
多くて効率が良いとも言えずゴミの処分代も馬鹿にはなりません。
便利でありながら悩みもあるのです。



「長期優良住宅」をテーマにした住まい教室のお知らせ(申込み制)
開催日時:6月26日(土) 13:30~16:00程度 
開催場所:江戸川区西小岩3-15-1 田中工務店 3階展示室
駐車場の御用意もございます。


<お問合せ、申込みは下記へ>
Eメール info@tanaka-kinoie.co.jp
TEL   03-3657-3176
FAX   03-3657-3110

c0019551_15213038.gif
東京家づくり工務店の会 ホームページ

by tanaka-kinoie | 2010-06-21 09:55 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/14629199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 草刈り 鹿島へ >>