板金屋の仕事

昨今の家づくりの殆どで板金屋の出番はありません。
屋根はコロニアル葺きに変わり、銅板葺きはもちろんのこと、金属で屋根を葺くことも殆どありませんが
弊社では屋根の全てが板金、外壁のガルバリウムも含めるとで板金屋さんの出番が多いです。
そんなお世話になっている小林板金はガルバリウムでも銅板でも、一文字葺き、瓦棒葺き、巻きハゼ葺き、あや折り、あやめ折り
何でもござれの腕の良い職人です。
そんな彼がたまに持ってきてくれるのが職人技を駆使した物
c0019551_1411040.jpg

ガルバリウム素地でつくられたシンプルなケース
色のある物を納めたら綺麗に映えると思います。

c0019551_141187.jpg
左:銅板の壺? 
右:現場で余ったガルバリウム鋼板波板の箱は
  傘立て?

c0019551_1412641.jpg
柔らかい銅板ならではの加工です。
何に使おうか迷います。




c0019551_203957.jpg
銅板の折り鶴です。
こんな物も昼休みなどに簡単につくってしまいます。

板金仕事は少ないけれどこんな高い技術を持つ
職人もまだまだいるのです。
次の世代が育ってくれると良いのですが・・・・・
by tanaka-kinoie | 2011-04-27 12:10 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/16247847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kawaikenchiku at 2011-04-28 20:11
銅板の壺、欲しい・・・
ウチでもお世話になっている板金屋さんもツルを折ってくれます。
お祭りのイベントでは行列もできました。
みんな、すごい事、技術には心奪われるのですね~
Commented by tanaka-kinoie at 2011-04-30 18:37
河合さん
よかったら差し上げますよ~
ウチではどう使おうか迷っていますので・・・・
<< オリーブ TO-IZ定例会議32回 >>