ここだけになりました。

先日も会社近くで解体工事があり周辺に5軒ほどあった銭湯は、ここともう一つだけになりました。
c0019551_1932415.jpg

昨今では家湯の無い住戸も殆どなく、事業としての継続は難しいのでしょうね。
地域のご老人のコミュニケーションの役割も担い、併設されているコインランドリーも
単身者の味方。
存続を望む人も少なく無いはずです。
もう15年以上も行ってないですが近々行ってみよう思います。
個人的にもここには頑張ってほしい。

どの銭湯も屋根は入母屋の瓦屋根で立派な木造です。
銭湯の専門の設計術、設計士がいたのかどうか? 浴場の絵の種類とか?
それなりの流儀もあるようなので建築屋としては銭湯建築の歴史についても
興味深いところです。

「OBの住まい」を2軒訪問する見学会を開催します。
開催日時:7月28日(土)13:00~16:30終了予定
訪問場所:葛飾区金町、市川市

<お問合せ、申込みは下記へ>
Eメール info@tanaka-kinoie.co.jp
TEL   03-3657-3176
FAX   03-3657-3110

「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。

c0019551_1474984.jpg
田中工務店
「Forward to1985 energy life」
に賛同しています。

by tanaka-kinoie | 2012-06-30 19:30 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/18164835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「Architekton」に掲... 住宅建築8月号 >>