タイルの浴槽

c0019551_22512486.jpg

お客様の実家の浴室を拝見しました。
もう長い間、使われていないようですがタイルは綺麗に磨き上げられています。
敷地の形状が三角なので建物も三角、その三角部分の突端にある可愛い浴室です。
洗い場のダルマ型のタイルも3寸6分の108角タイルも懐かしい。

浴室がユニットバスに変わってタイル仕事はあっても台所と玄関程度
町場で活躍するタイル職人も激減していると思います。







ここの浴槽はタイル屋の手業がなせる形状ですがこんな事が出来る
職人もいま少ないでしょうね・・・・
c0019551_2252675.jpgc0019551_22514064.jpg
c0019551_22522056.jpg

モザイクタイルが張られて、半身浴用のベンチまで整形されています。
座ってみたら案外座り心地も良いのです。
浴槽内のRも綺麗に納まっています。
役物タイルは片面取りしか程度しかないし、というかそれしか使えないし
多分図面など無いままで職人の勘で現場加工で納めた模様です。
色合いも悪くないですね!!

タイル屋の仕事も今は少なくなっています。
昔は左官屋張りに色々できる職人がいましたが今は団子張りなど出来る
職人も少ないし、そんな需要も無いしこんなタイル屋の職人芸が生きる
仕事もなかなか無いですね。
江東区白河で10月20日(土)に構造見学会を開催します。

世田谷区松原で11月3日(土)、4日(日)に2軒同時に見学会を開催します。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。

c0019551_1474984.jpg
田中工務店
「Forward to1985 energy life」
に賛同しています。




by tanaka-kinoie | 2012-10-05 22:45 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/18531261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by studio-tsumugi at 2012-10-06 12:35
桶、体洗い、石鹸なども色が合わせてあるんですね。お洒落です。
Commented by tanaka-kinoie at 2012-10-06 17:14
紡さん
そこまで気付かなかった・・・・・汗
たまに使っているようですが下の倉庫に漏れるので多分シャワーだけで使っているようです。
浸かってみたい浴槽ですよ~
Commented at 2012-10-07 21:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 阿佐ヶ谷で地鎮祭 「松原の家」 「松原の家2」 ... >>