ミャンマーチーク仕上がり

c0019551_13492942.jpg

先日、紹介しました「ミャンマーチーク」が仕上がって戻ってきました。
下小屋での加工も可能でしたが効率を考えて木場の専門屋に仕上げを
依頼していました。
割れ、逆目、入皮のような部分も一部にはありますがこれだけの材で
無垢を使えることを考えれば大したことではありません。

褐色、金褐色のチーク特有の肌が現れ、深い光沢もあります。
長いものは4.5mはあります。
c0019551_13503119.jpg

濡れ雑巾で拭いてオイルで仕上げた風合いを試してみました。
水を吸うと一気にチークらしい木理が浮き出てきます。

c0019551_13502198.jpg

伊礼さんの阿佐ヶ谷の現場で使う材の一部です。
大きな物は巾が間に合わないので接ぎ加工して使います。

世田谷区松原で11月3日(土)、4日(日)に2軒同時に見学会を開催します。

12月1日(土)に「省エネルギー、耐震、防火に対応した最新の家づくり」をテーマに住まい教室を開催します。 

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。

c0019551_1474984.jpg
田中工務店
「Forward to1985 energy life」
に賛同しています。





by tanaka-kinoie | 2012-10-31 13:50 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/18623306
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yanchyanapapa at 2012-10-31 22:57
いやー!素晴らしい色味ですね。しかも殆ど無地、早く目の前で見てみたいです。白太のアイは省くんですか?
Commented by tanaka-kinoie at 2012-11-01 18:29
テッちゃん
とってもいい買い物したよ~
白太はとって赤だけで揃えます。
Commented by 阿佐ヶ谷の家施主 at 2012-11-01 23:10 x
お世話になります。
これが先日見せていただいたチークの華麗なる変身"後"ですね。
実物を見るのが楽しみです。本当にありがとうございます。
Commented by tanaka-kinoie at 2012-11-02 16:29
阿佐ヶ谷の家施主様
お世話になります。
これがあのチークです。
リビング階段下の部分はさすがに幅が足りなそうなので2枚を付けますがそれでも集成材とは比べようもない良さになると思います。
私自身もとても楽しみにしております。
来週から着工ですのでよろしくお願い致します。
<< 低炭素建築物の認定制度講習会 会社の雑木スペース >>