島桑材

c0019551_19472569.jpg

今週末に構造見学会が開かれる「小松川の家」
階段材やカウンター材はお客様からの支給材です。
正確に言えば、奥様のお父様がお持ちだった木材で桑や桧を使います。
両材とも御蔵島産ですが御蔵の島桑と言えば、最高級の桑で希少価値の
ある特殊な材です。
私も江戸指物で使われていたのを一二度見た程度でした。

c0019551_19504464.jpg

一寸から八分程度の厚みの板を使い
階段は総御蔵島桑材という贅沢さです。
これから木取りを大工と打ち合わせします。

c0019551_1952125.jpg

黄色味掛かっていて杢目を見れば欅のようにも見えます。
江戸指物では漆拭きでしたがオイル仕上げにする予定です。

現在のところ 
御蔵島を除き、都内でいや全国で御蔵の島桑材がこれだけあるのは
弊社だけだと思われます。(笑)
お客様とはもちろん良い材との出会いにも感謝しています。

12月8日(土)に東小松川で木造3階建て住宅の構造見学会を開催します。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。

c0019551_1474984.jpg
田中工務店
「Forward to1985 energy life」
に賛同しています。






by tanaka-kinoie | 2012-12-02 19:49 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/18947347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 住まい教室が終了しました。 餅つき祭り >>