朽ちた物干し台

久しぶりに物干し台 ネタです。
屋根の上の物干し台は陽のあたらない大都市圏の住宅密集地ならではの文化?建築物?だと思います。
現在建築が進んでいる根津付近にも物干し台がポツポツと見られます。

これは先日、根津で見つけた朽ちた物干し台
空き家なのか老朽化が進み、屋根に出る搭屋と物干しの間にある木製の通路が崩れています。
現場の合間に物干し台を見つけると写真を撮っていますが
最近は少しづつ法則がわかってきました。

屋根に出る搭屋と鉄骨の物干し台
この2つをつなぐ通路、階段 この3つで構成されています。
この為に時間を割くことが出来ませんがしばらく採取と観察を続けたいと思います。


c0019551_929492.jpg



○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされまし
○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。br clear=all>
by tanaka-kinoie | 2013-04-24 09:29 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/19889091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 現役物干し台 材料入荷 >>