断熱講習会

先日、弊社の監督・大工 9人全員で断熱講習会を受講しました。 (正式名:住宅省エネルギー施工技術講習会)
2020年までに住宅の省エネ基準の義務化が求められていますが未だに中小工務店の達成率は高いとはいえません。
地域の木造住宅生産の担い手である中小工務店の断熱施工技術向上を進めるべく東京都内の木造住宅生産の携わる団体により「東京都木造住宅生産体制強化推進協議会」が設立されました。
国の補助事業も受けながら開催されています。
c0019551_21174215.jpg

今回はその中の幹事団体のひとつでもあるOMソーラー東京の主催で行われました。
OMソーラーの東京の会員が中心となっていますが、それ以外の方も数人
受講して頂き、約40名の方で講習会が開催されました。

講師は相羽建設の迎川さんと鈴木工務店の片岡さん
このお二人には事前に地域リーダー研修会に参加をして頂き、講師としての
役割を担って頂きました。
会社の業務も多忙な中で1日の講義は大変だったと思います。
本当にお疲れ様でした。



c0019551_21175092.jpg

午後はDVD研修と断熱充填の見本体の解説の
2班に別れて行われました。
現場の方々は多忙をきわめているようですが午後の
時間帯も居眠りなどは見られず、熱心に受講していました。
c0019551_21175710.jpg

断熱見本体の解説
断熱の施工方法は多種多様にあるので充填断熱、外張り断熱
などが網羅された部位別の見本になっています。

最後の考査が行われ合格者に講習会の修了証が発行されます。
弊社の受講者は全員100点満点という事でホッとしました。
大工見習の半年のちょっとの松下君も良く頑張りました。
私は事務方として立ち合いましたがなるほどと思う内容も多かったです。(汗)

年内は施工者向けの講習会がまだ行われていますので工務店の現場実務に
関わる監督・大工職の方々は受講されることをお勧めします。
講習会日程・申込み先

来年からは設計者向けの講習会も始まります。
○10月20日(日)に千葉県八千代市でOMソーラーの木造2階建ての完成見学会を開催します。(申込み制)

○10月26日(土)、27日(日)に世田谷区桜上水で木造2階建て小さな家の完成見学会を開催します。(申込み制)


○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。


○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House



by tanaka-kinoie | 2013-10-12 21:18 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/20831414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 見習い大工2人 新しい地盤調査 >>