御蔵島 桑材

先日開催されたOB宅訪問の「東小松川の家」では御蔵島の桑材が階段に使われています。
御蔵のつげと桑は貴重な材料であり、流通など殆どない高価な材料です。
それを弊社の下小屋で幅接ぎ加工をして階段材として使いました。
3階建の住宅の階段がすべて桑で出来ている家は日本でもここだけではないでしょうか。
こんな貴重な材を使えるチャンスを頂いたことに感謝しています。

c0019551_12263374.jpg

お引き渡し当時の画像がこれ
2階から3階の階段です。
黄金色ですがまだ薄めの艶
c0019551_12265587.jpg

こちらは1階から2階への階段です。
奥艶のある黄金色になっています。
国産材でもまだまだ知らない樹種が沢山あります。
良材を活かす設計と腕が必要だと思います。
3月29日(土)、30日(日)に葛飾区高砂で完成見学会を開催します。(申込制)

「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。




by tanaka-kinoie | 2014-02-26 12:21 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/21735755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 田中工務店材木市 初開催(笑) OB宅訪問バス見学会終了 >>