キャットウォーク

先日、久しぶりに訪問をさせて頂いたのが6年前に完成した「ガレージのある家」

c0019551_2045638.jpg

吹抜けをもうけて高い位置の窓から1階に光を落とし、
通風も得られると言う、パッシブな設計
都市部での1階のリビングでは有効な建築手法です。
そこにあるキャットウォークは窓の開け閉めや落下防止目的で設置しました。
化粧梁をバルコニー荷重と構造的な天秤にして梁成を抑え、
すのこの板の小口を見せず納め、簡易的なスチールの手摺を付けたりと
ディーテールに工夫をこらしました。
c0019551_20444291.jpg

猫ちゃんが乗っているのを初めて見ましたが
すのこの上は歩き難いようでカーペットを敷くことに
なったと聞きました。
猫の通用口まで設けたのに中々思い通りにはいかないですね。
それでも猫ちゃんは楽しんでくれているように思います。
by tanaka-kinoie | 2014-06-12 20:20 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/22227293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by f_umi at 2014-06-15 12:14
新築当時の写真を見るときれいでいいなとも思いますが、住んでいるからこその味わいもあり暮らしになじんだ家になってきたと思います。(笑)
Commented by tanaka-kinoie at 2014-06-17 10:54
f_umi 様
お世話になりましてありがとうございます。
私もそう思いました。
良い感じに経年変化していました。
猫ちゃんも2匹とも見ることが出来て良かったです。(^_-)-☆
<< 最高の家具をデザインする方法 習志野の家 上棟 >>