JBN全国大会in横浜

中小工務店をサポートする全国組織であるJBNの全国大会が横浜で開催をされました。
SBSで交流があっても普段は会えない全国の地域工務店との交流と分科会での学びも大きく充実した2日間となりました。

c0019551_21283760.jpg

青木会長の地域工務店を支えていくと言う力強い
お言葉に元気をもらいました。

c0019551_2128532.jpg

基調講演は小泉進次郎議員
え~ あ~ っていうようなつなぎの言葉が全く無く
全てが真っ直ぐに明確でわかり易いお話しでした。
我々中小工務店が興味を持つ話に持ち込んで
引き込まれましたが、そこにご自身が考える政策とを
うまく絡めたきっちり1時間のお話し。
政治家の講演を聞くのは初めてでしたが好感度が高い
理由がよくわかりました。



c0019551_212921.jpg

2日目の分科会 午前

徹底討論
2020年省エネ基準適合義務化に工務店は
いつから準備するべきか
新建ハウジング三浦社長のコーディネートの元
それぞれの特色を持つ、私も良く知る?工務店ごとの
考え方が良くわかりました。
確かにこれからの準備で法的適合は問題ないですが
特色、アドバンテージ付加した独自の性能を構築する
のは難しいことだと思います。
基準適合の準備なしの工務店はパネラーにも自分の
周りにも皆無なのでどう+αな仕様提示と基準作りを
するかだと思います。
それぞれの意見はどれも納得出来るものばかり
改めて進む方向のヒントを頂き、活を入れられました。


c0019551_21291248.jpg

2日目の分科会 午後
不動産連帯であらたな受注につなげる

中古住宅の長期優良化への流れや、インスペクション
制度など不動産業者と工務店の連帯で安心、安全な
住宅に変えて売買する事が求められる時代です。

同じようで全く価値観の違った不動産業と住宅建築業
この2つが手を組んでワンストップで中古住宅流通を
積極的に手掛ける
どちらの業界も実は望んでいることだと思います。
相容れることが難しかった相互の連帯をどう進めて
いくべきかの話のヒントがありました。




c0019551_21292773.jpg

思い出に残る写真です。
JBN青木会長
今回の実行委員長 山田建設 山田社長
JBN理事でもあり盟友でもある岡庭建設の池田専務
みんな良い笑顔してます。

by tanaka-kinoie | 2014-10-11 21:29 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/22779268
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 丁寧な造作仕事 ヤモリ >>