わざわ座 トークセッション②

準備委員会の一員として弊社も参加をしている「わざわ座」ですが座衆といわれる工務店会員の募集が始まりました。
その口開けとしてジャパンホーム&ビルディグショーで「大工の手」展覧会を行い、トークセッションが2回開かれました。
最初は小泉誠さんと伊礼智さんの「暮らしを豊かにするデザイン」
2回目はわたくしと竹平大工も加わって「大工がつくる家具」を
テーマに田中工務店がわざわ座に賛同している理由と大工になぜ家具を作らせることになったのかなど30分ほどお話をさせて頂きました。
スツール製作を担当した竹平大工も司会の三浦社長の質問にきちんと答えてくれて楽しいトークセッションとなりました。
二人の大物に挟まれて大きなプレッシャーもありましたが普段から実践していることを語るのは難しくはありません。
パワポの構成には直前まで迷いましたが私の考えは概ね、お伝えできたのかと思います。
お二人のビックネームの登場に立ち見も出るまでの大盛況なトークセッションとなりました。

c0019551_239589.jpg
c0019551_2392359.jpg
c0019551_2393558.jpg
c0019551_2395279.jpg
c0019551_2310847.jpg
c0019551_23103079.jpg
c0019551_23104763.jpg
c0019551_2311017.jpgc0019551_23111235.jpg

by tanaka-kinoie | 2014-11-14 10:17 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/23041462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 冬の支度・・・・ 小松川で地鎮祭 >>