わざわ座「大工の手」展覧会

先日はトークセッションの模様をお伝えしましたが、わざわ座「大工の手」の展覧会も開催されていました。
4月の青山の展覧会では小泉誠さんデザインのものが中心でしたが今回は伊礼智さんのデザインが中心
テーブル、ソファ、サイドテーブル、ちゃぶ台が展示されました。
またオーダーキッチンのエクレアさんの協力により正面の面材が自由に変えられてカスタマイズが可能なキッチンも展示されました。
面材は阪口製材による吉野杉の柾目パネル使い、上質なキッチンとなりました。

c0019551_8194513.jpg

会場の構成は小泉誠さん
単純な白い段ボール箱で仕切りをつくっていきます。
ミラノサローネで展示も同じ手法だそうです。

c0019551_8195762.jpg

アウトラインもきちんと出して、きちんと並べるただそれだけですが
それなりのコツも必要です。


c0019551_820869.jpg

無機質な、だだっ広いスペースに徐々に場が出来てきました。

c0019551_8201698.jpg

コーナーが開いているのでセミナー会場から目立ちます。
閉じるとことろと開くべきところを考えてあるのがわかりました。
c0019551_8203440.jpg

白い単純な壁にカッティングシートを貼っていきます。
c0019551_8204418.jpg

通路側の壁です。
シンプルだけに返って目立ちます。


c0019551_8205221.jpg

80ヶ以上の数ですが段ボールはたためるし、軽やかだけど厚みのある
壁の構成は展示の家具が引き立ちます。

c0019551_821328.jpg

ソファなどの新作も展示されています。
c0019551_8211131.jpg

準備委員会7社 7人の大工によるスタッキングスツール
デザインは一緒ですが作り方はそれぞれの特徴が現れていて面白い
作り手である大工の紹介と各工務店の紹介がされているパネルも良いですね。
c0019551_8211778.jpg
c0019551_8212415.jpg
c0019551_8213650.jpg

エクレアのキッチンの面材を替えたもの
阪口製材の杉柾パネルを取り付けるととても上質なキッチンとなりました。

c0019551_8214661.jpg
○12月13日(土)、14日(日)に「赤塚の家」の完成見学会を開催します。(申込み制)


「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。







by tanaka-kinoie | 2014-11-18 08:22 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/23066673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< たまには展覧会も・・・・ 冬の支度・・・・ >>