都心の屋根改修

施工した会社が既に無く、メンテナンスを委ねる先がわからず管理をされていない家を無管理住宅と呼ばれています。
弊社でも施工をしていないメンテナンスからのお付き合いが始まるお家が増えています。
先日、屋根の改修が終わったこの現場も同様でした。
工事は太陽光発電の傷などのチェックとOMソーラーの点検、一部雨漏りの修繕、トップライトのパッキンの交換と屋根全般にわたる工事でした。
壁の吹き替えなどのメンテナンスは行われていましたが屋根は新築当時のまま。
勾配もきつく、気軽に上がれるような形状でも無く、屋根足場を設置しました。

c0019551_16381341.jpg

屋根からの景色は抜群です。
代々木公園の緑も新宿の高層ビルも見えます。
c0019551_163834.jpg

そんな都会にありながらお茶室と庭園もあります。
たまに美味しいお茶をたてて頂きました。

c0019551_16384711.jpg

17年前のOMソーラーの集熱ガラスと
アモルファスの太陽電池一体型金属屋根
脳天打ちの笠木(棟包み)の留め方がちょっと不安
c0019551_16385974.jpg

北側斜線をクリアーする為のR型の屋根と天窓3か所です。

c0019551_1639289.jpg

OMソーラーの風量チエック
c0019551_16393788.jpg

屋根足場を設置して旧笠木に新しい板金を被せました。
今度は釘を上から打つようなことはしません。
接着と両端からの留め付けです。
c0019551_1639453.jpg
c0019551_16395552.jpg

最近は東京も積雪があるので雪割設置と雨押さえも新設
c0019551_1640151.jpg

ベルックスの天窓の水密材をすべて交換しました。

これで雨漏りも無くなると思います。
また20年近くはメンテナンスが不要かと思われます。
○1月17日(土)に「東小松川の家Ⅱ」の構造見学会を開催します。(申込み制)


「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。







by tanaka-kinoie | 2014-12-21 16:34 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/23236782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 仕事納め・・・ 会社のツリー >>