南小岩の改修工事

21年前に設計施工により完成をした南小岩の和風住宅
小岩南口再開発による道路拡幅で立ち退きを迫られましたがお客様は道路後退後の敷地に大規模改修をして住み続けることを選択されました。
土庇と玄関部分の増築、東側壁面後退後の新規外壁、10畳和室が8畳に8畳和室が6畳に部屋が小さくなるような変更でとても難度の高い工事になりましたが
先日足場が外れて現在は外構工事を行っています。


c0019551_10184149.jpg


土庇があるような現場は珍しいですが元のイメージを崩さぬように
しています。
但し、防火規制があるので野地板の厚みは36mm
面戸厚みは50mm
燃え代設計で実現をした木の意匠です。


c0019551_10185156.jpg

母屋は山長商店の紀州杉

柱は桧の磨き丸太

垂木も杉

野地板はJパネルです。


c0019551_1383934.jpg


銅板の一文字葺きも最近では珍しい仕事です。
まだ特有の光沢がありますが少しづつ落ち着いてきています。

c0019551_101902.jpg

当時と同じ意匠にするという事で普段は使わぬアルミ製品
などもありますが和風住宅の意匠にはなったと思います。
c0019551_10191064.jpg

縁甲板は桧無地

上がり框はミズメ

式台は黄肌

c0019551_10191968.jpg
○3月21日(土)と22日(日)に江戸川区東小松川で完成見学会を開催します。(申込み制)



○3月28日(土)に船橋市飯山満で構造見学会を開催します。(完全予約制)




「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。






by tanaka-kinoie | 2015-03-19 10:19 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/23717400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ame-no-michi at 2015-03-20 14:09
銅雨といですね。最近珍しくなりました。
ご採用ありがとうございます。
Commented by tanaka-kinoie at 2015-03-21 18:39
谷田さん
確かに銅を使うのは珍しい事になってしまいましたが
久しぶりに使うと新鮮でとても贅沢な気分です。
以前の樋もアンコウもうまく使いまわしました。
<< 「東小松川の家」完成見学会終了 おかめ桜が満開です。 >>