「飯山満の家」進捗状況

6月20日、21日に見学会を開催予定の「飯山満の家」の進捗状況です。
足場が外れて、木工事もそろそろ終了します。
残りは内装工事、建具工事、設備機器の設置と外構工事になります。

今回の新しい試みとしてお客様のご希望で冷輻射暖房「クール暖」を取り入れています。

高性能サッシと高性能断熱材を使い優れた温熱性能となりました。
平成11年度基準 熱損失係数 基準値Q値=2.70以下のところこの建物では2.011
平成25年省エネ基準 外皮平均熱還流率 基準値 UA値=0.87以下のところこの建物では0.53
と大幅に上回る高性能住宅になっています。

c0019551_20333637.jpg


黒のガルバリウム鋼板の一文字葺きの外観
ケラバ、軒先共に一切の出はありませんが、その分
屋根と外壁は一体になりました。








高低差のある土地で老朽化した大谷石土止め塀がありましたが
この機会にコンクリート擁壁を新設しました。
擁壁上は木塀とフェンスになります。

c0019551_20334463.jpg



玄関側
玄関上部の吹抜けには大型のサッシがあり
採光を担っています。
c0019551_20335259.jpg



この時点では養生中ですが屋根の上にはインナーバルコニーの
採光を促す開口があります。
c0019551_2034036.jpg
c0019551_2034845.jpg


2階リビングの吹抜け
南東側インナーバルコニーを見る




LD天井は登り梁現しの、シナ天井張りです。

c0019551_20341624.jpg


南東の道路は比較的通行料が多いですが1、2階ともに屋根の
あるインナーバルコニーにより緩衝的な役割をはたしています。


c0019551_20342581.jpg


インナーバルコニー内部は杉板が天井、壁共に
張られており屋根には開口があります。(養生中)
c0019551_20343351.jpg


廊下上にある小屋裏をむすぶすのこのブリッジ
天窓からの採光と通風が促されます。
c0019551_20354086.jpg

天井と一部壁に杉板が張られた和室
c0019551_20354768.jpg


一部がスリットになった階段
天窓から1階に光が落ちています。


c0019551_20355645.jpg

キッチンカウンター部分の一部をちらっと・・・(笑)
弊社秘蔵の楢材の無垢1枚板



6月20日(土)、21日(日)に船橋市飯山満で完成見学会を開催します。


「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J26号「暮らしに寄り添う工務店の家具づくり」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。







by tanaka-kinoie | 2015-05-16 20:36 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/24108707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 葛西臨海公園 ビルダーズ校正 >>