「青戸の家」が始まります。

都内で工務店をやっている以上は10坪前後の小さな土地での建築はさけられません。
弊社では慣れていると言うか、実は得意としているほうだと思います。
小さな家を住みよくつくるには施工技術だけではなく、設計力も重要なポイントです。
構造も強く、出来る限り空間は広くつくる、または少しでも広く感じられるように努め、日照や採光も考慮し、既製品の都合に合わせずに建具や家具を自由に製作すること等々が求められます。
それを見込んで弊社に設計依頼を頂いた地元、青戸での仕事
他建築業者では3階建のプランが成り立たなかったという難しい敷地条件でした。
北側斜線が厳しく天井高さも天井懐もぎりぎりに抑えて梁成の構造検討も緻密に行いながら3階が成り立ちそうな高さまでになり、なんとか5人家族が住める家になりそうです。
進捗状況などは新しいブログでご紹介を致しますのでご期待下さい。


c0019551_18283934.jpg

木造3階建て
敷地面積:11.6坪
建築面積: 8.9坪
延床面積:18.5坪








9月12日(土)に弊社の設計ルールブックを紐解くと題した住まい教室を開催します!
参加条件もございますが是非ご参加ください。








「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J26号「暮らしに寄り添う工務店の家具づくり」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。



by tanaka-kinoie | 2015-08-19 17:56 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/24573762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< カッシーナのカタログ 築52年改修工事 >>