親子工作教室お疲れ様でした。

大変暑い中を、大勢のご参加頂きありがとうございました。
2日間で80人以上の親子にご参加頂きました。
血豆を作った、手を切ったり、足に釘を刺した子もいましたがみんな笑顔で帰りました。
木工の楽しさ、親子で力を合せて物をつくることは、きっと子供達の良い想い出になってくれたと思います。
次回つくりたいものリクエストは
ヨッカカレルイス
クルマ
チョキンバコ
ツクエ
ホンダナ
ちりとり
スペースシャトル
エレベーター?
考え中などなど
アンケートよりでした。



c0019551_20341478.jpgc0019551_20345426.jpg

まずは大工さんから、かなづちの使い方の説明です。
裏表がある事や打ち方のこつなどをわかってもらいます。



c0019551_20364871.jpgc0019551_2045451.jpg
c0019551_20455570.jpgc0019551_20461245.jpg
c0019551_20462081.jpgc0019551_20463138.jpg
最初はお母さん、お父さんの手助けが必要でも慣れれば女の子だって一人で釘打ちぐらいはしています。



c0019551_20473041.jpgc0019551_20474292.jpg
鉋掛けの実演はちびっ子に大人気
僕もやりたい私もやりたい行列が出来ました。



c0019551_20475178.jpgc0019551_2048027.jpg
ちびっ子でも何とか一人で出来ます。
実は大工さんも切れる鉋を渡しています。


c0019551_20481124.jpgc0019551_20482850.jpg
何とか鉋くずが出てきた、頑張れ、頑張れ!



c0019551_21154143.jpgc0019551_21155557.jpgc0019551_2116138.jpg
c0019551_21283829.jpgc0019551_21244795.jpgc0019551_21173943.jpg

みんな良く出来ました。
来年も待ってるねー


OMソーラーの家『東京町家』もよろしくお願いします。
by tanaka-kinoie | 2005-08-08 20:29 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/2458684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyomachiya at 2005-08-08 21:48
みんな作るときは一所懸命ですね。
出来上がり作品の写真、かなり自慢げ!
とてもよい経験になりましたね。
みんないい顔している。
田中工務店の駐車場、こんなに広かったっけ?
Commented by surugakinoienix at 2005-08-08 21:55 x
今度は、作品展を開催したらいかがですか。楽しいと思いますが。
Commented by yoraku at 2005-08-08 22:32
みなさん、とっても楽しそう!
小さい子供達もちゃんと、工具を使えるんですね~。私が金槌を打ったら、絶対に自分の指を打つ自信があります^^;
自分で何か形のあるものを作る楽しみ、いいなぁ・・・
Commented by tanaka-kinoie at 2005-08-08 22:51 x
沢山写真があり過ぎてこれだけいっぱいになりました。
小さくても広く使える心得が少々あります(笑)
Commented by tanaka-kinoie at 2005-08-08 22:52 x
作品展も面白いかもしれませんがみんな離さないの展示は難しそうです。
Commented by 神奈川の三代目 at 2005-08-08 22:55 x
大工さんの鉋がけはみんな感動したでしょう!。これはいいアイデアですね。子供達の自慢げな顔が大成功のしるし。ご苦労様でした!
是非今度お会いして色々教えていただきたいと思います。
Commented by tanaka-kinoie at 2005-08-08 22:58
yorakuさんでもちょっと慣れれば大丈夫です。
金槌も良いのですが大人でも鉋掛けをやりたがりますよー
切れる鉋を使っているので気持ち良くシュルシュル出来るので好評でした。
Commented by tanaka-kinoie at 2005-08-09 09:20 x
神奈川の三代目さん
最初はいやがっているような子供でもちょっとすれば楽しさをわかってもらえるようです。
工作教室的な開催をしている所は結構ありますが親と一緒に自主的にやってもらおうとする所が以外に無いようです。
めんどうの見過ぎは意味が無いと思っています。
ノウハウと言える物は特別に無いですが回を重ねる事と子供の視点に立って考えれば自ずと答えがわかってきます。
Commented by kazuo-nakazato at 2005-08-09 09:52
子供たちが夢中になっているのを見るのは楽しいですね。
大工さんもうれしそうですよね。
長年続けていらっしゃるのには敬意を表します。
Commented by boro9239 at 2005-08-09 10:12
お疲れ様でした。
みなさんいい顔してますね。
子供の集中力ってほんとすごい!
Commented by idun at 2005-08-09 11:30
皆なかなかやるもんですねぇ。
子供の頃、祖母や両親がよく日曜大工やってました。
そこで手伝おうとおもっても、鉋がけ×、金づち×、のこぎり××。
結局、なんにもやらせてもらえませんでした。
学校の授業で、電動鋸が恐くて支えなかったのを思い出します。
木に触れて、自分で何かを作り上げるって大切なことですよね。
この企画、頑張って続けてください!
Commented by kyoco-chan at 2005-08-09 11:38
すごいなぁ~。
小さな子たちがこんなに真剣に。

私は小学生のころ、糸のこで苦労して、モビール作ったけど、
薄い板?切るのに、なかなか出来ず、夜中までなきながら
宿題しました。(モビールが図工の宿題)

中学では、電気の?のこぎりしたけど、できなくて先生にやってもらったし。
今でも、この工作みたいなものは、苦手です^_^;
Commented by satoshi_irei at 2005-08-09 14:12
工作員参加できなくて良かったかも知れません。
何しろ、我流で通すやつですから
廻りにも迷惑かけたkとでしょう。
上の作品リストに「ドミノ倒しマシーン」が加わったでしょうね。
Commented by tanaka-kinoie at 2005-08-09 20:44
中里さん
仰るとおりです、子供が喜ぶ姿を見るとやった甲斐があります。
正直仕事には全く繋がっていませんが(笑)
Commented by tanaka-kinoie at 2005-08-09 20:48
idunさん
あまり面倒見なくともこつさえ覚えれば皆、自らやっています。
少しぐらい怪我をしてもどんどんやらせる事が大事だと思います。
その為に親の引率もお願いしているわけですから!
ついこの間に始めたと思っていたら7回目です10年もすぐですがもっともっと続けて行きたいと思います。
無垢の材料を使う家造りが弊社のやりかたなので端材も利用しやすいのです。
Commented by tanaka-kinoie at 2005-08-09 20:51
kyoco-chan
苦手と言っている人がやり始めると案外はまるんです。
引率の両親も苦手と言っててもお父さんのみならずお母さんも本当に夢中になっちゃうんですよ!
Commented by tanaka-kinoie at 2005-08-09 20:52
伊礼さん
工作員がどんな風に物を作るか楽しみだったのですが、来年が是非どうぞ。
Commented by tanaka-kinoie at 2005-08-09 20:54
boroさん
来年からOKです、早めに慣れさせて木工天才少年にしましょう(笑)
楽器やスポーツは良く聞くけど木工の天才少年はまだいませんのでチャンスあり!
<< いい工務店との家づくり 百日紅 >>