シナ無双引戸

7年前に完成をした「ガレージのある家」
お客様より猫を仕事部屋に入れないようにしたいとのご相談ありました。
引戸の建具なんて簡単に開けてしまうんですね。
単純に鍵を掛ければ良いのですが、そうなると開け放しが出来ずに通風は出来ません。
そんなことでお客様が調べて辿り着いたのが無双窓(正式には無双連子窓)です。
昔は雨戸などに使われましたが昨今では珍しい日本の伝統的な手法です。
昨今の住宅で使われるのは既製品の扉が主ですので建具屋製作の引戸でした出来ない芸当?です。
こんなお客様なりの発想の仕事依頼は今後の仕事でも活かせるアイデアとなりますね。

c0019551_19474078.jpg


そんなことで以前の引戸とほぼ同じシナフラッシュの上下に無双窓をつけたものを作成しました。
猫ちゃんの頭が入れないように開口幅を7センチ以下にしてあります。

通風も十分に取れるそうでお客様も満足されたようですが、猫ちゃんだけは
多分、気に入らなかったと思われます。(笑)











・10月31日に江戸川区大杉で構造見学会を開催します。

11月14日に葛飾区青戸にて狭小地3階建の構造見学会を開催します。



c0019551_19474828.jpgc0019551_19475774.jpg
c0019551_19482897.jpg
c0019551_19484120.jpg
c0019551_19485010.jpg


by tanaka-kinoie | 2015-10-26 19:34 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/24860077
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by F_umi at 2015-10-29 18:51
先日はお忙しい中、設置作業ありがとうございました。猫は最初はなんとか開けようと手を差し込んでいましたが、やっと諦めたようです。家中の温度が一定なことが快適なんだと改めて感じているところです。ありがとうございました。
Commented by tanaka-kinoie at 2015-10-30 11:43
F_umi様
こちらこそありがとうございました。
良いアイデアにより弊社でも初めての無双建具。
面白い仕事でした。
猫ちゃんに閉めたり開けたりされないかとちょっと心配でしたがホッとしました。(笑)
<< 「青戸の家」 上棟 木造・S造・RC造 現場写真帳発売 >>