住宅医スクール2015

住宅医スクール東京2015

今年も第7回の第1講義 『契約実務の留意点』 を私が担当しました。
東京家づくり工務店の会の関係でお手伝いをしたことがきっかけでなぜか?
毎年講義をすることになって早6年目になります。
今年も事務局から講師依頼があった時に本当に私で良いの?と尋ねたら
受講生のアンケート結果が良いとのこと・・・・
お役に立てているのならとお引き受け致しましたが今年開校した住宅医スクール浜松でも講師を務める事になってしまいました。
私はともかく第7回は第2講義は岡庭建設と池田専務、第3講義のマンションリノベーションの巨匠 小谷さんともに人気のあるカリキュラム
自分も受講できることを楽しみしていました。(笑)

c0019551_22582924.jpg

 第一講義 『契約実務の留意点』
~瑕疵及び依頼者とのトラブルを回避する方法~

まあ当たり前のことではありますが、うちの会社は
お客様とのトラブルは皆無です。
誠心誠意お客様の為に良い物をつくろうとする強い思いと
うちならではのご提案がお客様に伝わって顧客満足度は
高い方だと思います。



c0019551_22583996.jpg

とはいえ契約時の約款をオリジナルで整備することは
必要不可欠です。
基本にする約款はどれが良いのか、使い易いのか
そこに不足している条項は何なのかをお伝えしました。

懇親会で接した方々にはおおむね、良い評価を頂いて
ほっとしました。
c0019551_22584722.jpg


第二講義は旧友でもある岡庭建設の池田専務です。
 『木造住宅関連施策の動向とその対応』
~木造住宅関連施策最新情報と対応実践事例~

国交省の役人以外にこのテーマをそこまで深く語れる工務店は
彼以外にはいません。
さまざまな木造施策の国の委員会にも出席している池田さんならでは
の講義です。
この講義だけでこれからの木造施策がすべてわかると言っても過言で
はありません。
自分もおおいに役に立つ内容でした。


c0019551_22585428.jpg

第三講義はマスタープランの小谷さん
  マンションリフォーム
~マンションリフォームの基礎と実践~

いまやマンションリフォームの巨匠
なにかと繋がりもお付き合いもあって色々と学ばせて
頂いています。
彼の講義は彼自身が実践して経験したことなので
わかり易く、伝わってきます。
また関西人として笑いをとることも彼自身がかしている
テーマなのです。(笑)
受け狙いの動画まであります。(^^ゞ

先日の奈良の講義で受けなかったことも関東ではうけて
喜んで帰っていきました。(笑)

c0019551_2259566.jpg

第四講義はMs建築設計事務所の三澤康彦さん
こちらも関西の巨匠建築家で色々とお世話になっています。

お姿が見えない画像で申し訳ありません。<(_ _)>
ご自宅の断熱改修工事の実践例の工夫を意匠的な観点と
性能向上の数値なども現しながらの楽しい講義でした。




by tanaka-kinoie | 2015-12-04 22:59 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/25021120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< マキタのロボットクリーナー 大学の恩師を囲む会 >>