「青戸の家」進捗状況

来年の2月13日(土)、14日(日)に完成見学会を開催予定の「青戸の家」
足場が外れて、木工事がほぼ終わりました。
狭小地のぎりぎりの設計空間では当然規格品の既製品を使う事では成り立たず、その空間と寸法に合わせて作る、誂えると言う行為は改めて重要な要素だと感じました。
商品化企画化された住宅メーカーでは実現できない、我々工務店ならではの家づくりの方法です。
既製品を集めて組み立てるだけの空間、天井は高い方がいい、2400は無いと駄目では成り立たない空間を見学会では感じて頂きたいと思います。


c0019551_23275175.jpg

外壁は黒のZIGです。
エッジの立ったシャープな印象となりました。
c0019551_23322279.jpg


北側斜線が厳しく3階部分が削られてしまいます。
一般天井高さの2400が階高なのでかなり抑えた高さですが
天井高さの2100をどう感じるかは現場で体感下さい。
高さを抑えた分だけどこの建築会社も提案しなかったいう、3階建の家が
実現しています。



削られた部分には天窓が2ヵ所
左側は3階室内への採光、通風に
右側は吹抜けを通して2階リビングに採光、通風を促します。

c0019551_1552228.jpg

バルコニーは解放感のあるワイヤー張りです。

c0019551_23253184.jpg

左側の天窓を2階リビングから見上げる
開口を通して3階にも採光通風を促します。
c0019551_23254440.jpg


リビングのソファーコーナーの上部にあります。
日射遮蔽もブラインドで行えます。
c0019551_23255139.jpg


3階の開口部から天窓とソファーコーナーを見る

c0019551_15545995.jpg


2階LDK
キッチン方向を見る
c0019551_15552537.jpg


2階LDK
ソファーコーナーと吹抜けを見る
c0019551_155536100.jpg

2階 大工の手による造り付けキッチン
レンジ部分、シンク部分が別れたセパレートキッチン
c0019551_15575410.jpg

左側のくぼみが冷蔵庫置場
正面はパントリーと小さなPCスペース

c0019551_1559722.jpg


3階の子供室 スペース
3つのスペースに分かれていますが真ん中は窓が
無い分、天窓で採光通風を補います。
c0019551_1559161.jpg

西側のスペース
小さな開口からリビングのソファーコーナーを見下ろせます。
c0019551_15592551.jpg

西側のスペース
バルコニーはありませんが消防の非常用進入口を
兼ねた大きなサッシがあります。
c0019551_15593216.jpg

東側のスペースは小さなバルコニーがあります。


来年の2月13日(土)、14日(日)に完成見学会には是非ご参加ください。




by tanaka-kinoie | 2015-12-29 14:17 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/25112418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 明けましておめでとうございます。 「青戸の家」ちょっと進捗状況 >>