床下清掃

新築現場での床下空間は工事中の木屑、粉じん等で汚れている事が多いのですが、そのままでは
白蟻の被害にも合い易くなります。
見えない部分だからこそ、きちんと掃除をしておきたいと考えています。
とはいえ清掃方法は人が床下に潜って掃除機を掛けるなど単純な方法だけです。
床下空間での作業は容易ではありません。(自分も監督時代に結構行いましたのでよくわかります)

そんなことで以前から興味のあったのがお掃除ロボットです。
これを床下に使えば監督や大工の床下清掃業務も省略出来るのではと考えました。
ルンバを始めとしたお掃除ロボットは新規参入も相次ぎ、いまや特別な家電でも無くなりました。
ただし家庭用を床下など条件の厳しい場所の仕様に耐えられるのかなど不安がありましたがマキタから業務用が発売されている事を知って
プロ用の工具専門店に実物を確認をしに行きました。

マキタフェアも開催中でその場限りの特価に迷わず購入しました。
そして今回は「大杉の家」で初床下掃除でした。


c0019551_9282784.jpg


マキタブルーで存在感抜群の大きさ
ルンバよりも10センチ程度 大きい45センチ
厚みは20センチもあります。
バッテリーを2つ付ければテニスコート2.5面分を
掃除出来ます。
c0019551_9284534.jpg


点検口もあまり小さいと入りません。
c0019551_9285757.jpg


床下に開放した時の勇姿です。
実はこの後に床下で行方不明となりました。(笑)
(帰巣機能は特にありません)

まだまだ使い方を模索している最中ですが定価も10万円以上する
物ですので有効に使っていきます。


by tanaka-kinoie | 2016-02-10 08:21 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/25282659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 『青戸の家』 外観 大杉の家 完成見学会終了 >>