ジャパン建材フェア 撤収

2日間の展示ではもったいないですが多くの来場者に恵まれて、つくり込んだ甲斐もあって好評だったようです。
弊社の名前も多くの方に知って頂き、それが回りまわって仕事につながると信じています。(笑)

c0019551_15413554.jpg

解体前にあがってみましたがやはりここからの
見晴らしはビッグサイトでも良かったです。
実際に「高岡の家」では花火が見えるそうです。
c0019551_154148100.jpg

解体はジャパン建材の社員の方々と伊礼設計室のスタッフ、
モックの社員の方々と弊社の大工8人、乃村工藝社などで20人
造園の撤収の荻野景観設計で6人程度
大勢で一斉に解体、撤収作業に掛かりました。

c0019551_15415483.jpg
c0019551_1542445.jpg

コンクリートへの造園なので根回りを安定させる為の工夫が
見えてきました。


c0019551_15421149.jpg

擬石ではありませんが本物の石です。
これも根元を抑えるための工夫でもあります。
c0019551_15421816.jpg
c0019551_15422449.jpg

解体はレッカーなし
脚立をたてて手でばらします。
吹き抜け上の4.5mの3丁の母屋の解体が一番の
難所でした。
c0019551_15423135.jpg

梯子組の屋根垂木も大きいので4人ががりです。
c0019551_15423814.jpg

内装の解体
c0019551_15424479.jpg

階段も外します。
c0019551_15425995.jpg
c0019551_15431249.jpg

ここまでくればもう目安がついたところです。
c0019551_15432179.jpg
c0019551_15433015.jpg
c0019551_1543394.jpg
c0019551_15435044.jpg

伊礼設計室のスタッフの参加
伊礼さんまで片付けの運搬に加わりました。
c0019551_154405.jpg

樹木は生き物だけに手荒には出来ません。
丁寧に積まれて3台の4tユニックでまた大阪まで
戻っていきました。
c0019551_15441080.jpg
c0019551_1544205.jpg

もうちょっと
c0019551_1544319.jpg

最後の胴差し
c0019551_15444152.jpg

最後の柱
c0019551_15451215.jpg

と思いきや最後の大物基礎代わりの重い集成材
c0019551_15453740.jpg

成があるために外すのに苦労しています。
c0019551_15454638.jpg

重量がある為に3人がかりでの運搬作業でした。
c0019551_15455936.jpg
c0019551_15462895.jpg

17時からスタートして20時ジャストにほぼ終了です。
何とか予定より早く終わりました。
我々はここで作業が終了しましたがこの材料の引き取りは
ジャパン建材の社員の方々が行いましたので最終的には
深夜まで及んだと思われます。

年度末の忙しいときに大変なことを請けてしまったと少し後悔したことも
ありましたが終わってしまえば中々経験の出来ない作業内容でした。
自分は直接的な作業はしていませんが面白い体験をさせて頂いたと思います。

それでも監督の段取りと大工たちの深夜作業への協力なしでは成し得なかった
ことだと思います。
うちらしいチームワークあってこそのイベント作業だったと思います。

この時も大変な作業量でしたがどっちが大変だったのだろう・・・・(笑)



by tanaka-kinoie | 2016-03-30 15:47 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/25465208
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 大工育成塾 修了式 ジャパン建材フェア初日 >>