『高井戸の家』 上棟しました。

『高井戸の家』が上棟しました。
弊社で初めてのZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)です。
OMソーラーと太陽光発電の組み合わせOMクワトロソーラーを搭載します。
ゼロエネルギーハウスを全くエネルギーが掛からないと思っている方も少なからずいるようですが、そうではありません。
住まいの断熱性能を向上させて高効率設備を使って省エネ性能を上げて年間で使われるエネルギー量(給湯、暖房、冷房、換気、照明)と太陽光発電などで
年間につくられるエネルギー量を相殺してゼロか、またはつくられるエネルギー量が多いゼロ以下の住宅をさします。
専用プログラムを使い計算をします。
詳細はここでは控えますが経産省、国交省それぞれが主導する補助金があります。
この家でも国交省主導のグリーン化住宅の補助金を利用します。

c0019551_1359039.jpg

2階リビング付近
c0019551_1359862.jpg

リビング上の吹き抜けの小屋裏空間
c0019551_13592446.jpg

リビングの見上げ
c0019551_135933100.jpg
c0019551_13594199.jpg

おかめの幣串
c0019551_13594972.jpg

南側屋根
高性能断熱材
ネオマフォーム100mm充填中
c0019551_13595670.jpg

北側屋根
断熱材充填完了
高度地区北側斜線が制限をかわしながらも
室内空間を確保するためにきつめの勾配屋根と
なっています。
c0019551_140311.jpg

南側屋根
断熱材充填後には野地ベニヤを貼って
構造的な水平構面を確立します。
c0019551_1401116.jpg

北側屋根
南側と同様です。
c0019551_1401881.jpg

北側屋根
その野地板の上に通気用垂木を敷き込みます。
通常はこんな成(高さ)は不要ですが南側に
理由があります。

奥の四角い孔は天窓用です。
c0019551_1402988.jpg


そして苦労した南側
太陽光発電4.5kwとして創エネを増やしてZEHの基準を
達成する為には普通に屋根と作るだけでは広さが足りません。
屋根面積を増やす為の片流れ屋根は北側斜線制限により
実現出来ずに南側屋根の大きくすることにしました。
構造計算上の水平構面を確保してから上の垂木を乗せる
複雑な形で2重に屋根を作っています。
ここまでの工程で屋根下地工事 3日目です。

垂木の桁からの跳ね出し寸法は1500mm
垂木は105角の桧で6mの長さがあります。


c0019551_1403992.jpg


室内側から屋根を見上げる
ネオマフォームが隙間無く充填されています。
c0019551_1404815.jpg


下から軒先の垂木を見上げるとこんな感じ
弊社でもここまで大きな軒先の出は初めてです。
c0019551_1411011.jpg


下垂木と上垂木
2重の屋根構成だとわかります。


by tanaka-kinoie | 2016-05-28 13:09 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/25649017
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 杉並の家 『青戸の家』 施行例公開 >>