桧の階段

文京区で工事中のメゾネットマンションのリフォーム
RCの階段を桧で包んで木質化していますがほぼ終わりました。


c0019551_1955362.jpg


着工前
もとの階段はガラス手摺で踏み板と蹴込みも
広葉樹の集成材できちんと作られていました。

c0019551_19554375.jpg


着工前
住宅建築ではあまりやらない手法ですが
モダンな納まりでした。
c0019551_19555087.jpg

解体後の躯体はこんな感じでした。
桟木などの木下地は以前の踏み板を留めるもので
一部は再利用しています。

c0019551_19555829.jpg

この雛壇の横っ腹に1枚板の桧を取り付けるという
無謀なチャレンジに・・・(笑)
c0019551_195684.jpg

ササラ桁は寿司屋のカウンターに十分適合する良材です。
長さ4500mmで幅が400mm厚みは50mmの桧無地
1枚板です。

マンションで使うような大きさでは無いと大工に言われました。
5人がかりで外階段から9階まで搬入したようです。
苦労した分、マンションではあり得ない、立派な階段になったと
思います。
c0019551_19562421.jpg

手摺は2段にしています。
上の手摺の仮合わせをしています。
c0019551_19565444.jpg
c0019551_1957633.jpg

養生で見えませんが踏み板も蹴込みも全て無地桧の1枚板
1段目の900角だけ幅接ぎをしています。

床材も全て桧無地
養生の剥がれるのが楽しみです。

by tanaka-kinoie | 2016-06-23 19:57 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/25729323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ipad stand 巣鴨の地鎮祭 >>