SAREXのワークショップ

先日の台風接近の中、SAREXのワークショップが開かれました。
早稲田大学教授であり建築家の石山修武先生の自邸が今回の会場です。
当初は見学だけの予定が先生のご好意と開催可能な広さがある事で実現したようです。
先生の建築は以前から知っていたとは言え、私の脳味噌では解析不能です。
なんにも語る事は出来ません。
最初は空間構成、材料、暮らし方に圧倒され言葉も出ませんでしたが先生と直に話をするチャンスにも恵まれて貴重な経験が出来ました。
建築家 石山修武が思う建築(住宅造り)と工務店としての住宅造り・生業の意見交換的なものです。
先生が提唱する二十一世紀型農村研究会の話はわかりやすかったのですが住宅+街造り+産業(仕事)についてのトータル的な絡み方は建築家としての性なのだろうと感じました。
(ちょっと難しい事を書いて関係各位からお叱りを受けそうです)

c0019551_12593573.jpgc0019551_12594927.jpg
c0019551_1301241.jpgc0019551_130196.jpg
by tanaka-kinoie | 2005-08-27 12:48 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/2582673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by satoshi_irei at 2005-08-27 14:07
象設計もそうですが早稲田出身は情熱のある方が多かったですね。
若い人でそんな人たち、こんな作風がいなくなったように思います。
Commented by kyoco-chan at 2005-08-27 15:26
すてきに変わった家ですね~。
右の狭い?階段もふしぎ。。
Commented by surugakinoienix at 2005-08-27 18:10 x
田中さんに参加するか聞かれたけれど、すっかり忘れていました。でも、当日は台風で、
結果オーライでした。以前、建築雑誌で、拝見した時、夏は、暑い建物と思いましたが、
いかがでしたか?あぁ、あの日は、台風で、涼しい日でした。そういえば、石山先生は、
毎日、ウェブ日記を書いていますね。野辺さんの事も書いてありました。田中さんとSさんが
代表して、石山先生に、突っ込みを入れたのですね。さすがです。
Commented by tanaka-kinoie at 2005-08-27 21:24
伊礼さん
こんな作風ってそう言えばありませんね。
分離発注やセルフビルド的な所もあり、おのずとこうなんったんだと理解出来る事もありました。
Commented by tanaka-kinoie at 2005-08-27 21:26
kyoco-chanさん
良い表現その通りなんですよ。
階段は捩れているのですが実際はかなり広いです。
Commented by tanaka-kinoie at 2005-08-27 21:31
今井さん
突っ込みと言うほどの物ではありません、意見交換的な感じでした。
夏は50℃になった事もあると言っていましたが屋上庭園が出来て大分改善されたらしいです。土だけで20tだそうです。
この日はサッシ全開で結構涼しかったです。
石山先生曰く人間はそれでも順応して生活出来るのだそうです。
でも家族からは不評だと言っておられ奥様に結構突っ込まれていました(笑)
Commented by hinata_gkc at 2005-08-28 00:00
理解できなくとも見て見たい建物ですね。
そんな魅力はたっぷりあります。
見るだけで得るものはあったんじゃないですか?!

このおうちの前で育てているものは何だろう?
Commented by tanaka-kinoie at 2005-08-29 07:43
吉野さん
ちょっと表現があてはまるかはわかりませんが分離発注、セルフビルド的な部分がそうさせている部分もあると思います。
建設から7年目で現在も色々な試みが続けられています。

この家の前のは本物の畑です。
(生産緑地)
石山先生の庭ではありません。
こんもりとしている部分までがお庭です。
Commented by hinata_gkc at 2005-08-29 08:42
>分離発注、セルフビルド的な部分がそうさせている部分もあると思います。
それ、解りますね!
ぼくも今、分離発注、セルフビルド中です。
少し違った味がでてくるものにはなりますしね。
(ムツカシイケド)
最近少しヘトヘト気味…笑
Commented by kazuo-nakazato at 2005-08-30 22:19
コルゲート住宅など理解不可能な家があるかと思えば、伊豆の長八美術館ではきれいな建築を設計していました。
インパクトのある建築家で忘れられない存在感を持っていますね。
Commented by tanaka-kinoie at 2005-09-02 17:14
セルフビルド(直営方式)、うまくやれればとても良い事だと思いますがお金などのマネージメントや将来的な家守的なことを誰がやるのかなども含めて責任の所在などの問題もあります。
工務店って結構大変なんですよ。
Commented by tanaka-kinoie at 2005-09-02 17:16
中里さん
その通りですね、長八美術館と開拓者の家などの違いに付いては難しい所です。
自邸は拝見したので今度は長八美術館を見たいと思っています。
<< iittala Birds お水 >>