重要文化財 小西家住宅

先日の大阪出張時のホテルの前にとての興味深い建物を見つけました。
東京の丸ノ内のような雰囲気のオフィス街に板張りに漆喰と趣をもち、意外に違和感なく溶け込んでしました。
知人のフェイスブックで見掛けていたのでしばらくしたら思い出した重要文化財
皆も良く知る、あの大企業の創業家の住宅。
さっそく表側に回ると 『うだつ』 までありました。

c0019551_20174929.jpg

土蔵造り 黒漆喰と板張りと足元の石張りが
目を惹きます。


c0019551_20175640.jpg

こちらは3階建ての蔵 
白漆喰が使われています。
c0019551_2018451.jpg
c0019551_20181743.jpg

腰の御影石が意匠的に効いています。
3面が道路に面して歩道とも近いので悪戯や
傷などから守られる効果もあるでしょうね。
この石が耐久性を高めていることは間違いありません。

c0019551_20182921.jpg

むくりのある瓦の大屋根と漆喰、木格子など
美しい土蔵造りの民家です。
明治期の薬問屋の店構えが残っています。
c0019551_20183799.jpg

1903年につくられたと言うから驚きです。
3度の戦災もあり、阪神淡路大震災にも
耐えてきたという事です。


手前の大通り通り側は黒漆喰、側道面は白漆喰
手前に黒漆喰の小さなうだつ

奥には大きな意匠を凝らした
大きなうだつ
c0019551_20184453.jpg
c0019551_20185180.jpg

白漆喰の大きなうだつ
c0019551_20185896.jpg

明治期の薬問屋の店構え
ここが入口だったんでしょうね。

今はボンドで有名なコニシの創業家の住宅でした


c0019551_16463192.jpg

wikiから拝借しましたがこれで概要が良くわかります。
by tanaka-kinoie | 2016-07-26 20:12 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/25845724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 引出しユニット 東京駅の屋根 >>