高井戸の家 階段手摺

『高井戸の家』の階段手摺です。
お客様のご希望のデザインはスチールパイプではありそうな形状。
今回は木の丸棒での組み合わせなので、ある程度のテクニックが必要です。
角材同士の組み合わせならば一般造作にある納まりですが丸棒同士は、ひかりつけ(接合部での削り合わせ)が難しくなります。
それでも綺麗に仕上がっています。


c0019551_8215230.jpg
c0019551_8215918.jpg
c0019551_822659.jpg
c0019551_8221454.jpg
c0019551_8222273.jpg
c0019551_8222913.jpg
c0019551_8223680.jpg
c0019551_8224513.jpg
c0019551_8225369.jpg


垂直と斜めがぶつかる部分
角度を合わせながら強度にも
配慮した接合をします。

c0019551_823277.jpg


垂直の左右縦手摺同士を結ぶます。
この丸棒同士の接合部は難しいです。

by tanaka-kinoie | 2016-10-03 07:23 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/26024278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< わざわ座 クッションスツール 高井戸の家 完成見学会 >>