『羽田の家』 構造見学会

10月22日(土)に『羽田の家』の構造見学会が開催されました。
木造2階建てながら新防火地域内での準耐火構造
本来は構造体の現しは許されず、石膏ボードで被覆することが義務付けられますが構造計算から最小断面を割出し、燃え代分(燃え代設計)を足して
一部には構造体の現しを実現しました。
茶の間の角には長さ5m、165角の桧の大黒柱とLDとの境には杉の化粧梁を現しています。
ご来場のお客様には構造見学会の楽しさもわかって頂いたようです。

完成見学会は平成29年の1月14日、15日(予定)です。
詳細は決まりましたら改めて掲載を致します。

c0019551_16343123.jpg
c0019551_16343913.jpg

残念ながらベニヤ養生中
燃え代大黒柱と杉の梁桁
c0019551_16344695.jpg
c0019551_1635176.jpg
c0019551_16494758.jpg
c0019551_16352869.jpg


構造体、断熱、配管、配線など見えなくなるすべてをご覧
頂ける見学会を開催している会社は少ないです。
ぜひ構造見学会にも足をお運ぶください。
c0019551_16353590.jpg
c0019551_16354362.jpg
c0019551_16355115.jpg

by tanaka-kinoie | 2016-10-23 16:50 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/26085563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 大工の手『わざわ座』 クッショ... 新作テーブル >>