清洲橋

隅田川にかかる橋の中で一番美しいと言われている『清洲橋』
ちかくでちょっとした工事があって訪れてみました。
個人的には東京を代表する美しい橋と言っても過言ではないと思います。
吊り構造で構成する鉄骨達の骨太の丸棒、ボルト、ナットにリベットが迫力あります。
土木学会選奨土木遺産第一号であるとのことですが完成から90年近くも経っています。
建築のように保存運動も何もあったものでは無く、日常的に使われる公共の構造物として解体など考えられずに長く使われているのだと思います。
もう今ではこんな橋がつくられることも無いと思いますので年月の経過とともに文化遺産的になっていく気もします。

c0019551_1325659.jpg
c0019551_133666.jpg
c0019551_1331663.jpg
c0019551_1332496.jpg
c0019551_1333443.jpg
c0019551_1335059.jpg
c0019551_1335945.jpg
c0019551_1341021.jpg
c0019551_1341812.jpg
c0019551_1342627.jpg
c0019551_1343966.jpg
c0019551_1345146.jpg
c0019551_13586.jpg
c0019551_1313557.jpg
c0019551_13111666.jpg

by tanaka-kinoie | 2016-11-09 13:01 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/26134423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アンティークの家具 大工の手 『わざわ座』新作テーブル >>