『八千代の家』 構造見学会

週末に開催された『八千代の家』 構造見学会の報告です。
普通では南側の採光があまり期待できない敷地条件でしたが冬至に近いこの時期でも吹き抜け上からの日差しにより暖かい室内での見学会となりました。
断熱もサッシも高性能で断熱の外皮計算Ua値は2020年基準0.87を30%以上上回る性能です。


冬の構造見学会は構造体の段階でも室内の断熱性能が実体感出来る貴重な機会です。
12月24日(土)も日暮里にて構造見学会が開催されますのでお時間ございましたらご参加ください。



c0019551_1941338.jpg
c0019551_19414098.jpg
c0019551_1941471.jpg
c0019551_19415611.jpg
c0019551_1942374.jpg
c0019551_19421440.jpg
c0019551_19422182.jpg
c0019551_19423065.jpg
c0019551_19423776.jpg
c0019551_19424543.jpg

by tanaka-kinoie | 2016-12-13 19:43 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/26224807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 『羽田の家』 進捗状況 『日暮里の家』 上棟 >>