『羽田の家』 進捗状況

来年最初の見学会が開催される『羽田の家』は木工事終了間際の追い上げです。
1月21日(土)、22日(日)にお時間ある方は是非お出掛け下さい。

三方を道路が囲み、南側は隣家が迫る敷地
3世代が暮らす木造2階建て準耐火構造の住宅です。
必要な部屋数をそれぞれコンパクトにまとめながら、
ご家族やお客様が集う空間は開放的で広がりのある空間としました。

この家の見所は木造準耐火建築物での木材の現しです。
リビングには燃え代設計による骨太なヒノキの大黒柱とスギの梁があらわれています。
板を厚くして可能となった杉パネル現しの玄関庇などがあります。

また、開放的な間取りに適した新しい全館冷暖房システムであるパッシブエアコンを搭載しています。
家全体をムラなく暖められるため、部屋毎の温度差が小さく、ヒートショックにも効果的です。
寒さの厳しいこの時期に、足元が暖かい快適さを是非ご体感下さい。
また長期優良住宅の認定を受け、断熱の外皮計算UA値は2020年基準0.87を40%以上上回る性能です。

c0019551_2032562.jpg


外壁は黒のガルバリウム角波スパンドレル
c0019551_20331284.jpg


柱無しの吊り方式の木製庇
c0019551_20332125.jpg


吊り庇の天井は杉Jパネルです。
c0019551_20332815.jpg

駐車場スペース
半分がデッキになります。
c0019551_20333623.jpg

大工4人でかなり慌ただしい状況です。(笑)
c0019551_20334384.jpg

ハーフユニットバスにさわら板張りの浴室
c0019551_20335093.jpg
c0019551_20335659.jpg

南側の採光が期待できない為に
吹き抜け上部の東側より採光、通風を
得ています。
c0019551_2034498.jpg

ダイニング、リビング
造り付けのキッチン
c0019551_20341198.jpg
c0019551_20341929.jpg

燃え代設計の大黒柱と杉の梁
c0019551_20342966.jpg
c0019551_20343890.jpg
c0019551_20344821.jpg

3階ロフト収納へのスリット階段

by tanaka-kinoie | 2016-12-14 20:10 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/26227241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 創業80年 『八千代の家』 構造見学会 >>