『町角の家』 10年点検

伊礼設計室設計/田中工務店施工 『町角の家』 
スタンダード雨樋、ハーフバス、300上がったデッキ、ちゃぶ台など現在では伊礼さんの標準仕様、納まり、家具などが初めてこの家で使われました。
エコビルド賞も受賞しておりその記念樹もあります。

つい先日、建築されたように思っていたこの家も4月で10年を迎えて、先日点検に行ってきました。

c0019551_14594384.jpg

まずは屋根に上がります。
上がれない勾配もありますが出来る限り上ります。
c0019551_14595074.jpg

OMソーラーの集熱ガラスの点検
c0019551_14595672.jpg

北側ダクト
屋根排気など工夫をしています。
c0019551_150297.jpg

南側の軒先
登り淀など劣化しやすい部分を板金で
包んだ効果はありました。
うちの標準ですが現在は伊礼さんも同様な
納まりにしているようです。
c0019551_150746.jpg

300上がったデッキ
最近一部の材の交換などを行っています。
c0019551_1501424.jpg

バトミントンのシャトル
雨樋の中から5つも見つかりました。
これが縦樋の中に落ちると、詰まる可能性の
高い危険な物なのです。
点検で見つけられて良かったです。

by tanaka-kinoie | 2016-12-25 15:08 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/26265074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ame-no-michi at 2016-12-26 11:51
バトンのシャトル、たしかに詰まる要因ですね。
ここまでの数は珍しいのでは?
Commented by tanaka-kinoie at 2016-12-27 20:11
確かに5ヶは多すぎますね。
それもほぼ同じ場所に固まっていました・・・(笑)
<< ブラックウォールナット TV台 創業80年 >>