岐阜へ買い出しに

2年ほど前にも訪れた岐阜銘木協同組合の記念市に行ってきました。
原木から板までどのくらいの数(数千枚?)なのか想像もつきませんが針葉樹から広葉樹まで広い倉庫に溢れていました。
良材はあるのですが工務店として使い易い大きさ厚みでここでしか買えない材料をセリで落としたいと数時間も歩き回りました。
一般の材木屋さんで買えない貴重な物も多く、市場なのでリーズナブルです。
あまり大きなものは運搬の問題もあるし、何しろ弊社に置くことが出来ません。
未乾燥の物もあるので無理ですが身の丈にあった材料を大阪の材木屋さんにお願いをして買い付けてもらうことが出来ました。
写真は撮り忘れましたが9点ほど値入して8点ほどが買えました。
乾燥している欅の板を数枚、花梨の板を数枚、ミズメの框などです。
どこに使うあても無いのですが材料を出来る限り、切らずに有効に使えるようにとお客様とのマッチングをするのは自分の役目です。
よいお客様との出会いを求めています。
まだまだストックもあるのでどんどん使わないと貯まる一方ですが・・・・・(笑)

c0019551_2272212.jpg
c0019551_2273080.jpg
c0019551_2273722.jpg
c0019551_2274340.jpg
c0019551_2275111.jpg
c0019551_22828.jpg
c0019551_228135.jpg
c0019551_2282389.jpg
c0019551_2283093.jpg
c0019551_2283750.jpg

広葉樹の板ばかりに目がいっていましたが
最後に見つけたのがこれです。
杉の赤身の柾目
目の詰んだ糸柾と言われる上質な材料

c0019551_22846100.jpg


c0019551_228547.jpg
c0019551_229344.jpg

この美しさ
お茶室、数寄屋仕事がある訳ではありませんが
欲しくなる材料でした。
高価とはいえ思ったよりも安価でした。
次回は購入検討します。

by tanaka-kinoie | 2017-03-16 22:02 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/26507121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 『中里の家』 上棟しました。 『八千代の家』 完成見学会終了... >>