KKB新年度会 2日目 中禅寺~日光

KKB新年度会 2日目
前日のCOMODO建築工房の家づくりに興奮冷めやらぬ車内でしたが宿泊先のホテルに向かういろは坂で
はその熱を冷ますように雪がちらついていました。
ホテルで早朝に目を覚まして散歩をすれば周辺はうっすらと雪化粧
外気温は0℃を下回り標高1269mは侮れません。
とはいえ凛とした空気の中で澄んだ青空と透き通った湖畔、雪の残る山々の景色が素晴らしかったです。

c0019551_20245233.jpg



 お世話になった湖畔のホテル













c0019551_20255266.jpg 
 
 湖畔は雪がうっすらと




 









c0019551_20284048.jpg 


 朝一番の素晴らしい景色


c0019551_20280567.jpg シンプルでしたが素材がよく
 美味しい朝食でした
c0019551_20312769.jpg


 朝一番から中禅寺湖畔にある
 イタリア大使館別荘記念公園
 を訪問
 
 設計はアントニオレーモンドです。










c0019551_20293405.jpg
 
















c0019551_20331698.jpg

















c0019551_20334641.jpg

















c0019551_20341882.jpg

















c0019551_20362263.jpg



 北向きだからこそ
 安定した日照と美しい湖が望めます。












c0019551_20364652.jpg




 地元の大工の提案だという
 杉皮張りの外装
 自然に調和した外観であることは
 言うまでもありません。
 




















c0019551_20375876.jpg




 主従の為に設けられている副邸
 主邸よりはコンパクトで簡素とはいえ
 暖炉もありレーモンドらしさが出ています。










c0019551_20381553.jpg




 北に中禅寺湖を望む
 時間に左右されない安定した
 日照は景色も美しく見せていました。










c0019551_20380643.jpg



 縁側のようなスペース
 ここに座ると立てなくなります。
 お酒でも飲めたら最高でした。(笑)























c0019551_20382981.jpg 
 
 リビングと奥には書斎コーナー
 天井は杉皮張りです。


c0019551_20382180.jpg

 
ダイニングスペース
 











 

c0019551_20383882.jpg



 書斎コーナーからダイニング
 を望む












c0019551_20384453.jpg



 別荘から湖畔に貫くデッキ













c0019551_20385006.jpg




 湖水は透き通っていました。












c0019551_20385946.jpg




 英国大使館別荘の上からの景色













c0019551_20390926.jpg


















c0019551_20391837.jpg


 時間の都合で素通りでしたが
 英国大使館別荘













c0019551_20393464.jpg




 庭もこだわったそうで東京から
 造園屋を呼んで周辺の自然に
 合わせた作庭をしたそうです。










c0019551_20394411.jpg



 中禅寺湖を後にして日光へ
 最初は金谷侍屋敷
 アメリカ人宣教師に宿として提供
 したことで金谷ホテルの創業の
 きっかけになったと言う原点たる
 建物です。








c0019551_20395449.jpg



 建物は増築されています。   
 右側は当初の屋敷
 敵の襲撃に備えて刀が振り回せない
 ように低い天井にスキップした個々の部屋
 迷路のような間取りでした。 
 左の増築部は階高が違います。
 外国人の宿泊も多くなって天井高さも
 考慮されて 階高が高くしたそうです。
 
 




c0019551_20402871.jpg



 
クラシックホテル
 日光金谷ホテル 
 1階ロビー周りの古さは悪くなかったの
 ですが少し手を入れても良いのではと感じ
 ました。
 この古さはうちの家族には受けないで
 しょうね・・・(笑)
 







c0019551_20404130.jpg





























c0019551_20411793.jpg



 ハウスキーピング中にドアが空いて
 いたのでこっそり覗いた写真
 エアコン、TVに違和感を感じるほどの
 クラシックな客室でした。























c0019551_20410466.jpg



 ロビー上部の吹抜け














c0019551_20580549.jpg



 客室のレバーハンドルは革巻き
 初めてみましたが定期的に交換
 されているでしょうね。


by tanaka-kinoie | 2017-04-26 20:26 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/26616041
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< プロダクトの絶滅危惧種 『琺瑯... KKB新年度会 >>