大谷石 採掘場

だいぶ時間が経ってしまいましたが先日の栃木の工務店の集まりの中で貴重な体験が出来ました。
というか命懸けの体験と言っても過言ではありません・・・・
大谷石の採掘場が観光用に公開されている大谷石資料館もあるらしいですが見学させて頂いたところは
現採掘場であり一般人に見せるような素振りもへったくれもありませんでした。
メンバー工務店とのつながりで無理くりに見学をさせて頂きましたが大の大人もびびるような地下までの
不安定な階段はインディージョーンズさながらの体験でした。
地上に上がった際に本気で生きて帰ってこれたと思ったぐらいでした。

c0019551_18081171.jpg

 事務所が大谷石
 どういった構造かは
 わかりませんがトイレ内部
 の壁は大谷石でした。
 組積造かもしれません。


c0019551_18084419.jpg


ここが地下の採掘場入口です。
c0019551_18090070.jpg

ここから30m程度の深さはある
地下に降りて行きます。
手摺が低く、踏み板は大谷石の粉が
積もっていて足元安定せずで尚更
怖いのです。


c0019551_18092825.jpg


下から見上げるとこんな感じ


c0019551_18095361.jpg

吊られているのが良くわかります。
下まで降りてからのすのこ状の廊下
の様な水平移動がまた怖いのです。


c0019551_18102815.jpg


巨大な地下空間に到着
左上に水平移動した廊下が
見えます。


c0019551_18104747.jpg



切出し場に到着この日は作業は
していませんでしたが話によれば
ベテラン職人が朝この地下まで降りて
夕方まで地上に上がらず作業をする
そうです。


c0019551_18110952.jpg



切出し専用の機械レールを移動して
大谷石の盤を切り出します。


c0019551_18112389.jpg


c0019551_18113962.jpg


大谷石の空間内にいるので床も
天井も当然大谷石です。


c0019551_18115590.jpg



そして地上へ戻ります。
この時点ではまた憂鬱に
なりました。

c0019551_18121248.jpg



大谷石の切断中


c0019551_18123860.jpg


切断したては綺麗な青色を
しています。


c0019551_18125205.jpg



ビシャンと言われる小叩きの仕上げ
c0019551_18130550.jpg


c0019551_18132240.jpg



やっとここから普通の大谷石観光と
なりました。
天狗の投石といわれる転がりそうな
大谷石
落下留めはありました。
c0019551_18133719.jpg




この近辺には普通に大谷石外装の
家があります。 

c0019551_18142002.jpg




大谷石の山を切り出して
つくられた観音様
この平地も全て削られた後
だと思います。

c0019551_18143450.jpg




切り開いたことが明らかに
わかります。

c0019551_18145672.jpg



鳥取にある投入堂の
ように大谷石の塊の
中に埋まっている社寺

by tanaka-kinoie | 2017-05-14 18:15 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/26660043
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 『三郷の家』10年目の定期点検 芍薬が届きました。 >>