天然木突板とは?


無垢材で全てが賄えれば良いのですが建具など大きな物では価格や大きさ、重さ、反りムクリなどの狂い、統一感の難しさなど様々な問題もあり使いきれない現状があります。

そこで使われるのが突板とか練り付けという言い方をされる昔からある天然木を薄くシート状にスライスして使う方法です。
たいていは0.5mm以下の厚み、厚くても1mm以下ですので無垢の1枚板と違い、1本の樹から綺麗な目の良材を数多く採ることが出来ます。
そのままでは薄くて使い勝手が悪いので通常はベニヤに圧着してパネル状にした突板ベニヤが主流です。
建具、家具、壁の仕上げなど幅広く使われています。
但し、突板のスライスの幅がせいぜい300mm程度まで
それらが数枚連続した板目のベニヤとなるので継手はわかり無垢の1枚板とは全く違った雰囲気です。
柾目の突板は連続してもつなぎ目は目立ちにくいです。
天然木ですので突板の取り扱い業者ごとに物は違ってきますので見本と違う物になる可能性もありますので注意が必要です。

針葉樹、広葉樹と樹種も多く板目、柾目、杢目など揃っていますので価格差はあれど、たいていの材は手に入ります。
とはいえ現代では上級の部類として捉えられ一般的物とは言えません。
無垢材で無くても上質な建具はたいてい突板ベニヤをフラッシュと言う手法でサンドイッチしてつくられたものです。

昨今の建具は印刷技術でつくられたシートが貼られたものが主流です。
プリントの技術は発達してプロでも遠目には天然木との区別が付き難いものも登場しています。

我々は建具、家具に天然木突板のベニヤを使って製作建具を自由に作っていますがこれは一部の工務店のみの仕様
印刷技術でプリントされたシート張りのベニヤを使うのが現在の主流です。

床材の世界では少々事情が違っています。
弊社は床材に天然木無垢材のフローリングを使っていますが
かたや、かつら剥きをした突板に近い物をベニヤに貼った合板フローリングが現在の主流です。


c0019551_21525961.jpg


最近弊社に納品された
3種類の上質な突板ベニヤ
c0019551_21532012.jpg



タモ柾
突板ベニヤ

3分艶ウレタン塗装
艶を7割程度消しています。
3割程度の艶具合です。
c0019551_21534258.jpg



ブラックウォールナット板目
突板ベニヤ
板目の突板の幅により3枚を連続して
繋いだものになっています。
c0019551_21540426.jpg



アメリカンチェリー板目
突板ベニヤ
こちらも3枚を繋いだものです。
c0019551_21551599.jpg



これらは江戸川区にある堀口切子様からの
ご注文でした。
盃選びをする飲食業の方がお店でどんな感じに
見えるかを判断する為の敷き板として使います。
c0019551_21553128.jpg


これはプリント技術による
P社の天然木風のプリント合板
パッと見は天然木とわかりませんが
そばに寄れば上質感は無いとわかります。

c0019551_21554569.jpg




天然木による独自の風合いを
印刷技術で再現した物とあります。

ようは精巧な偽物ですよとの
アピールです・・・(笑)

弊社では真っ白に仕上げるなどの
条件が無い限りは天然木以外は使用
しません。

c0019551_21555851.jpg



こちらの扉は楢板目フラッシュのドア
板目の幅が300mm前後で3枚連続して
いるのがわかると思います。



設計:いろは設計室

c0019551_21561486.jpg




家具の建具に使われた
タモ柾ベニヤフラッシュ扉
こちらも数枚のシードが連続していますが
継手はわかり難くなります。

c0019551_21562371.jpg




吊り引戸
タモ柾ベニヤフラッシュ扉

c0019551_21563363.jpg




左は家具の扉に使われた
米松ベニヤ柾の扉
タモと同様で柾目は連続性があります。






シナベニヤはロータリーといわれるカツラ剥きで
つくるので少し違う部類ですがこの天然木突板の
カテゴリーです。


by tanaka-kinoie | 2017-05-26 13:27 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/26690356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ブラックチェリー材 テーブル 植栽の効能? >>