お蔵

c0019551_123581.jpg









                                   お世話になっている方の立派な蔵です。昔は質屋を営んでおられました。一時修繕のお話もありましたが諸々の事情によりいずれ壊される事になったようです。東京では蔵も珍しくなりました、近辺でもあのお蔵のある家で通っていたはずなのにとても残念です。

c0019551_13223329.jpg
c0019551_12365584.jpg








扉(とびら)の丁番です。500mlの缶をひと回り小さくした程度の大きさです。これではわかりませんが一部に砲金を使い意匠的にも中々です。


お蔵の扉(とびら)、今でも時代劇に出てくるような鍵で開け閉めしていました。鍵を撮ろうしたらデジカメのバッテリー切れで残念!
by tanaka-kinoie | 2005-01-12 13:28 | 建築、仕事 | Trackback(1) | Comments(5)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/283673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from K+Yアトリエ at 2005-01-18 11:41
タイトル : 有名建築家の町家?
最近仕事で、小岩の田中工務店さんの所に行く事が多いが その駅のそばにいつも気になる町家がある。 お香の店だろうか? その凛々しい姿、何とか残ってほしい。 開発がまだ進行中といった感じの駅前なのでちょと心配。 それにしても、看板の名前・・・ あの有名建築家の店・・・?... more
Commented by tokyomachiya at 2005-01-12 14:49
屋根が無いと、ちょっと「おまぬけ」ですね。(笑)
でも、写真を見た瞬間「質屋」とインスピレーションが沸きました。
扉と横のラインでわかったのでしょうか。
蔵の浮き屋根は、室内気候調整と言う、とても重要な機能があるんです。
この蔵が「庶民の蔵」なら、その内「お上の蔵」をアップしたいと思います。
お楽しみに!
Commented by 田中 at 2005-01-12 15:14 x
屋根が無いと確かに「おまぬけ」なんですね!そのデザイン的なバランスもあり2層なのに3層に感じる様に出目地?をつくって外観のバランスを取ろうとしたのでは無いでしょうか?前から気になっている蔵が他にあります。いずれ朽ちはてそうなぐらい古くなっているのですが以前は相当の物だった筈、そのうち載せて見ますので評価お願いします。皆様の投稿、トラックバックお待ちしています。良いものは東京町家ブログより何か賞品出るかもしれません(笑)
Commented by tokyomachiya at 2005-01-12 17:09
出ません!念のため。
Commented by satoshi_irei at 2005-01-12 17:25
千住も蔵が多いのですが、トタンを張られたりして、変容しているものが多いですね。
Commented at 2005-01-12 21:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 見学会開催します! 撮影日和 >>