家具の修理

たまに頼まれる家具の修理
自社の製作した物からそれ以外のものまで
高級品や特殊な物はともかくたいていのものは直します。
古いテーブル天板の削り直しから寸法調整、反りむくり等、割れやひびなどの修理など様々です。
貼物や樹脂製は直せませんが無垢材であれば、家具屋で無くてもなんとか引き受けております。

c0019551_18011077.jpg10年前につくった2100×950の
唐松の大テーブル
この時点では普通ですがその後
暴れて水平なテーブルでは無くなりました。

c0019551_18015633.jpg反りむくりが酷かったので
旗矩で締め付けて調整

c0019551_18020198.jpgスリットを入れてから水で湿らせて
締め付けます。
何とか真っ直ぐになりました。

c0019551_18022610.jpgお子様も独立してここまでの大きさが必要
無くなりました。
テーブルを600mmカットしています。
それでも1500×950と大きめです。


c0019551_20313862.jpg幼稚園で処分される予定であった
楢のテーブル
父兄の方にもらわれていきましたが
天板だけ弊社にてサンダー掛けをして
化粧をしました。
まずは天板を締め付けて隙間の調整

c0019551_20314201.jpgサンダー掛けをして天板を平らに
していきます。

c0019551_20314626.jpgサンダー掛けをすると楢の荒々しい
素地が出てきます。
この後にオイルで仕上げをしました。


c0019551_20431892.jpg先日依頼があったのが炬燵の修理
櫓に接合部が緩すぎてぐらついていました。
40年近く前の物ですが無垢材を手仕事で
組んでいます。


c0019551_20432177.jpg割れ欠けなどもしっかり補修して
がっちり固まりました。


c0019551_20444631.jpgこちらも幼稚園の椅子
楢材で出来ていますが接合部のぐらつき
が酷くて修理依頼がありました。












c0019551_20445169.jpg
座面の段差と隙間も修理

c0019551_20444927.jpg
接合部はがっちりと留まりました。

家具の修理では愛着のある物が
また使い続けられると言うことでの
お届けした時のお客様の笑顔
これが嬉しいですね。


by tanaka-kinoie | 2017-12-14 18:05 | 家具 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/28594735
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2018カレンダー 『市川の家』定期点検 >>