たためる椅子セミナー

先日OZONEで開催された「たためる椅子」の誕生と吉村順三の家具デザインに参加をしてきました。
講師は設計段階から製作まで関わっている丸谷芳正さん

実は私はたためる椅子の所有歴が20数年あります。(笑)
私物である八ヶ岳音楽堂の為につくられた当初の皮の物と鎌倉女子大用に作られた一回り小ぶりなキャンバス地のsmallの会社で購入して
2脚を所有しています。
この椅子との出会いは1990年発売の雑誌コンフォルト2号にあった低いくらしのための椅子とテーブルの特集でした。
そこにはキャンバス地と皮の物が並び2枚の写真と問い合わせ先として設計工房MandM(丸谷芳正)だけの表記しかありませんでした。
その写真だけでたためる椅子に一目ぼれをしてすぐに丸谷さんの工房に問い合わせの電話をしました。
ご本人が応対されて少し時間をくれればつくりますとのお言葉
どのくらい待ったのかも覚えていませんが数ヶ月してこの椅子が届いたように思います。
当時の価格は確か78,000円
請求書は同封されていたとは思いますが・・・・
見ず知らずのわたくしに一銭も払わないうちにこの椅子が届くと言う事への驚きと感謝もあったと覚えています。
時期は覚えていませんが吉村順三さんの八ヶ岳音楽堂の為に設計されたと言う事を後日知り驚きました。
それだけ先見の明があったと言う事ですね。(笑)
当時はまわりのこの椅子を持っている人もいないし、この椅子の事を知っている人も少なかったと思います。
私物ですが家での評判はなぜかよくなく・・・・・・
もっぱら会社に置いて、竣工撮影用に使っていましたがどんな空間にも似合い、主張するわけでもなく控えめに佇んでいるのですが
写真映えして弊社の施工例写真はもちろん、新建築の掲載時にも数回登場しています。

と、もちろん座り心地は快適です。
座の高さ、角度、皮のたわみ具合もよく
安楽椅子的な要素があって読書にもTV観覧にも転寝によく、ソファーのように寝っころがる事は出来ないにしてもソファーの置くスペースが無いうちには数脚使いがお奨めできます。

丸谷さんとは電話でのお話しで終わっていましたが偶然にもイベントでお会いしてからフェイスブックで繋がってのお付き合いで今回が2回目の対面でした。
セミナーでは吉村先生と中村好文さんとやりとり
この椅子の設計、デザインが完成するまでの逸話や秘話、音楽堂オープンまでに数のある納品を間に合わせる為の不眠不休での
御苦労など貴重なお話を楽しく伺う事が出来ました。


c0019551_20154301.jpg


会場入りが早くて1番だったので写真ありますが
本当は撮影駄目だったようです・・・・汗
c0019551_20154820.jpg



smallと北陸氷見の上質の杉柾目でつくられたたためる椅子
針葉樹ならではの接合部の強度を保つための
ご苦労もあるようですが重さは3割程度軽くなるようです。
国産材の針葉樹を使った家具は増えていると思います。

c0019551_20155411.jpg



こちらもセミナー前で写真はこっそり
丸谷芳正さんと北欧家具での日本の第一人者である
島崎信先生もセミナーに参加されていました。
c0019551_21201856.jpg



皮の椅子は端部が痛んで地の色が出てしまいます。
20数年でもこの程度の痛みなのは会社に置いてあり
残念ながら使用頻度が低いからです。
c0019551_21210401.jpg



左は背面に座のある螺子がありますが初期型にはありません。
この背の枠とヒンジでもある赤樫材とを繋ぎとめる物です。
初期型は無いんだよね! なんて自慢していましたがダボの
接合なので修理は大変だとお聞きしました。汗

c0019551_21214869.jpg



この螺子は堅い赤樫の木に金属加工さながらのタップを
切って留めていると聞いて痺れました。

この背板の裏側に赤樫のヒンジがあります。
c0019551_21220402.jpg



こちらが赤樫のヒンジ
建築の造作などで使われることは少ないと思いますが
鉋の台などで使われている摩耗の少ない堅い材です。

この材料の入手は今や困難なようで在庫があると
聞いては全国を回っているそうです。

セミナーを聞いてますますこの椅子への思いが強くなりました。
もうひとつ杉を使った物も欲しいです。



































by tanaka-kinoie | 2017-12-19 20:17 | 家具 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/28657089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< クリぼっち? 2018カレンダー >>