東船橋の家 進捗状況

造作工事もだいぶ進みました。
そろそろ家具に掛かります。
外壁は8割がた終わり、9月中旬には足場ばらしとなります。
伊礼設計スクールのコースにも予定されそうですので10月中旬には
何とか目安を付ける予定です。

c0019551_21291236.jpg

3階、階段のささら桁を加工中の「わ」大工です。


c0019551_21293449.jpg


屋根は棟包みを残し、ほぼ終了。
北側の3階バルコニーは旗竿敷地部分の屋根にぽっかり空いています。
見通しも良くデザイン上のポイントでもあります。
採光があまり期待が出来ないリビングにはこのバルコニーからの光が効いています。
こう言うところは工務店の設計ではちょっと真似が出来ません。
空間構成のうまい伊礼さんの設計ならではです。





●「東京町家」葛飾 細田の家 完成見学会のお知らせ ※予約制です。
日時:9月23日(祝)、24日(日) 10:00~16:00
場所:葛飾区細田 JR小岩駅北口より徒歩15分
設計施工   株式会社田中工務店
設計協力   K+Yアトリエ 竹内国美
敷地面積  57.25㎡(17.3坪)
建築面積  28.35㎡( 8.5坪)
延べ床面積 85.05㎡(25.5坪)
建蔽率    50%
容積率   150%
高度地区  5m+1:1.25

狭小変形敷地で法規的にも厳しい条件にある準耐火構造の木造3階の住宅です。
斜線規制が厳しく、高さを確保する為に天空率を利用しています。
狭小地で家作りをご検討の方は是非ご覧ください。

・準耐火構造での大梁あらわし(燃え代設計)
・さわら無垢板貼りのハーフユニットバス浴室
・太陽電池を使った自立型OMソーラー
・1枚板で仕切った広い階段室
・準防火地域に対応した不燃木材を外部に使用
・高断熱、防音、吸放湿、火事にも強い、セルロースファイバー断熱材
見学会情報はこちらから

天空率…上空占有率的な要素を特殊計算をする事で
      道路斜線など法令上の高さを緩和できる法律。
   
by tanaka-kinoie | 2006-09-01 21:30 | 建築、仕事 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/4470215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from コイワびと。 at 2006-09-02 23:30
タイトル : ワクワク中
東船橋の現場は内部建具枠が付き始めました。 これが終われば間仕切のボードも張れるので グッと部屋の雰囲気が出て来ますね。 ... more
Commented by satoshi_irei at 2006-09-02 09:08
ケラバの板金が細くていいできですね。
Commented by tokyomachiya at 2006-09-02 14:46
1枚目の写真、アングル工夫しましたね!
外観は、これだけの写真でも、カッチリした感じが出ていますね。
早く足場を外した全景を見たいですね。
Commented by tanaka-kinoie at 2006-09-03 11:07
伊礼さん
伊礼さん設計の物件に限らず、これを標準の唐草の納まりにします。
板金屋に色々見てもらって、互いに考えた末の形です。
綺麗にも納まりますし、雨水浸入や野地の腐り等にも対応出来ると思います。
Commented by tanaka-kinoie at 2006-09-03 11:11
迎川さん
1枚目は道具も入れて撮ろうとしただけなのですが会社で確認したら
中々よい事に気づきました、偶然なのです。
今回のガルバは納まりの検討も諸々しましたので良い感じになりそうです。
<< トレーニング・グッズ お江戸 日本橋 >>