葛飾 細田の家 進捗状況3

内装、器具付けもほぼ終わり、外構の一部を残すだけになりました。
今回の設計のポイントの一つとして小さな吹き抜けがあります。
採光、通風、空気の循環、空間の広がりなど、うまく作れば「吹き抜け」
がもたらす効果は大きいです。
伊礼さん、設計の「北葛西の家」にヒントを頂き、収納にする予定だった
部分にあえて吹き抜けを作りました。
「熱と空気のデザインする」重要なポイントです。

c0019551_14232579.jpg

OMハンドリンクボックスと立下りダクトが吹き抜けにあります。


c0019551_14233148.jpg

3階のこの部分から採光をとり、通風はもちろん
空気を循環させます。






この家の見学会を開催します。
●「東京町家」葛飾 細田の家 完成見学会のお知らせ ※予約制です。
日時:9月23日(祝)、24日(日) 10:00~16:00
場所:葛飾区細田 JR小岩駅北口より徒歩15分
設計施工   株式会社田中工務店
設計協力   K+Yアトリエ 竹内国美
敷地面積  57.25㎡(17.3坪)
建築面積  28.35㎡( 8.5坪)
延べ床面積 85.05㎡(25.5坪)
建蔽率    50%
容積率   150%
高度地区  5m+1:1.25

狭小変形敷地で法規的にも厳しい条件にある準耐火構造の木造3階の住宅です。
斜線規制が厳しく、高さを確保する為に天空率を利用しています。
狭小地で家作りをご検討の方は是非ご覧ください。

・準耐火構造での大梁あらわし(燃え代設計)
・さわら無垢板貼りのハーフユニットバス浴室
・太陽電池を使った自立型OMソーラー
・1枚板で仕切った広い階段室
・準防火地域に対応した不燃木材を外部に使用
・高断熱、防音、吸放湿、火事にも強い、セルロースファイバー断熱材
見学会情報はこちらから

天空率…上空占有率的な要素を特殊計算をする事で
      道路斜線など法令上の高さを緩和できる法律。
   
by tanaka-kinoie | 2006-09-16 14:22 | 建築、仕事 | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/4565642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from コイワびと。 at 2006-09-17 22:24
タイトル : 狭小地の工夫
冬季、太陽が暖めた屋根面の熱を室内に引き込むOMハンドリングBOX。 横置きに設置される事が多いのですが建坪8.5坪と狭小住宅でも 最小スペースで置けるように工夫すれば問題ありません。 このように家具に納めてしまえばスッキリします。 下の格子部分には切替ダンパーが設けてあり集熱を 一時的に2Fのリビングに流す事も出来ます。 小スペースでも吹抜けがあるプランをご提案しています。 「熱と空気をデザインする」という表現をしていますが吹抜けを設ける事で 階段室との間に緩やかな対流をつくり各室の...... more
Tracked from K+Y blog at 2006-09-18 18:31
タイトル : 模型は物語る/細田の家
手前は最終形、 奥はもっと初期の模型。 ねんどをこねるように徐々に徐々にその姿を変貌させていく外観。 細田の家は、早い段階からプランはほとんど変わっていないのに、 外形がなかなかきまりませんでした。 厳しい斜線制限のため3階部分のボリュームの確保が難しかったからです。 天空率の採用によりその3階のあつかいが劇的に有効になったものの、 また徐々に徐々に調整。 三代目の要求も今回ばかりは妥協を許さないハードなものでした。(笑) 模型の変化は厳しい法規との格闘の痕跡でもあり...... more
Commented by omsolar at 2006-09-16 21:47
富士ソーラーハウスの大澤です。
エキサイトブログへ引っ越し完了です。
これまで以上のおつきあいをお願いいたします。
完成形を拝見したかったのですが、
23日・24日は弊社も見学会・販売会がありお邪魔できません。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by tanaka-kinoie at 2006-09-17 15:16
大澤さん
エキサイトはさくさく動くし良いですよ。
来週も伊礼設計スクールでお会いする事になりそうですね。
よろしくお願い致します。
Commented by kawaikenchiku at 2006-09-20 10:50
すがすがしい雰囲気のある吹き抜けですね。
明るい。
夜もきっとほんのり明るくて、安全ですね。
Commented by tanaka-kinoie at 2006-09-22 21:26
河合さん
ありがとうございます。
こんな小さな吹き抜けでもかなりの効果があり明るく、風の流れのも出来ました。
設計者としても嬉しい限りです。
<< 一番しぼり 鰹節削り器 >>