バーゲンは建築学会賞!

2日より妻のバーゲンの買い物にお付き合いでした。
丸栄百貨店は1954年に日本建築学会賞を受賞した巨匠 村野藤吾さんの名建築でもあります。
地元では老舗百貨店なのですが松坂屋、三越などにおされて目立たないようです。
妻からしても「ここのどこが名建築なのふーん」と言う反応・・・・・
それでも50年も経た建築ですから当時は、相当モダンなデザインであり高い技術力で施工された建物であったはずです。
と言う事で妻はバーゲン、私は建築探訪です。(笑)


c0019551_23151262.jpgc0019551_23152057.jpg
まず目に付くのは東郷青児の外壁のモザイク壁画とエレベーターです。


c0019551_232757100.jpgc0019551_2328533.jpg
外壁のディテールと村野建築特有のモニュメント

その他、地下への採光の丸型ガラスブロック等も必見です。
外壁のモザイクタイル+テラゾー+ガラスブロックの構成が目のあたりに出来る屋上がお奨めです。
by tanaka-kinoie | 2007-01-06 21:09 | 建築、仕事 | Trackback(3) | Comments(14)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/5261351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ShopMasterのひ.. at 2007-01-08 19:30
タイトル : 宝塚カトリック教会
村野藤吾氏設計の「宝塚カトリック教会」(1966年)です。名作です。 写真は1980年代の前半に撮ったもの。 氏の地面から生えたような「有機的」デザインの代表作です。 包み込まれるような豊かな空間がそこにはあります。当時スケッチしたものです。 ← ちょっとココを押してみませんか・・... more
Tracked from ShopMasterのひ.. at 2007-01-08 19:30
タイトル : 都ホテル 佳水園
                  Photo by T.Suga 昔(1980年代)は建築を観るのが趣味の一つでした。その数、数百物件・・。学生時代は時間に余裕がありましたし、東京で仕事をしていた頃は休日となると名建築を物色してました。書棚の奧で埋もれていた当時の写真を少しずつ紹介していきたいと思います。 初回は村野藤吾設計の「京都 都ホテル佳水園」和風別館です。フィリップジョンソンが絶賛したと言われる佳水園は庭を囲むように雁行形につくられています。村野藤吾氏の作品は和風建築にも珠玉の名作が...... more
Tracked from 三代目のダイアリー at 2007-01-10 08:25
タイトル : 名建築の行方
昨日は久しぶりの休日で都心までちょっと出掛けました。 そんな時でも建築屋としての性が出てしまいます、妻は彼女なりの用事があり一人で建築鑑賞と思い、心当たりの場所へむかいました。 フランス大使館裏の高級住宅街には大江匡の高級マンション、裏手には村野藤吾の松寿荘と数奇屋の傑作、指月亭があります。お目当ては指月亭、松寿荘は塀が高く中が見えませんが指月亭は道からも感じられるスケールと距離間だと記憶していたからです。 数年ぶりの訪問で今の自分がどう感じるのか楽しみでしたが愕然・・・・・ 新築の綺麗なマン...... more
Commented by tokyomachiya at 2007-01-08 14:43
看板の上に載っている動物は何でしょうか?おサルかな?
今回はかなり抽象的な動物なのでわかりませんね。
Commented by akikobeya at 2007-01-08 16:17
丸栄百貨店が巨匠村野藤吾氏の設計だということは、名古屋の建築関係者でも知らない方が結構いるのではないかと思われます。
私は小学生の頃、この先のヤマハへギターを習いに行っていました。
母は私のレッスンの間、丸栄で買い物をしていました。
今、丸栄に行くと、小さな頃を思い出して懐かしい気持ちになります。
エレベーターのドアの絵、小さいころはなぜか怖かったのを覚えています。

Commented by tanaka-kinoie at 2007-01-08 17:23
迎川さん
これなんですかね?
村野さんは宗教的(キリスト教でしたね)なモニュメントが多いようですね。
Commented by tanaka-kinoie at 2007-01-08 17:31
akikoさん
意外とこの丸栄に関する資料が少ないのです。
確かに東郷青児の絵は怖いです。(笑)
実は私も小さい頃に床屋に青児の時計があり怖かったことを思い出しました!
ギターはいまも弾いているのかしら?
Commented by th0031 at 2007-01-08 19:34
はい、存じております。
まだ中に入ったことは無いのですが、繊細な外壁の扱い方なんかに村野さんらしさがにじんでいます。1954年でしたか・・もう50年以上経つんですね・・。この時代のコンクリートは質が結構良いのでまだまだ使えると思いますね。あと50ねんぐらい使い続けてほしいものです。
2TBさせていただきました。
Commented by akikobeya at 2007-01-08 21:02
田中さん
もちろん、まだギターは続けていますよ。
Commented by tanaka-kinoie at 2007-01-08 21:04
菅さん
お待ちしておりましたよ!
確か卒研が村野さんの論文でしたよね。
ここはお奨めしますよ、特に屋上はディテールが良くわかります。
すぐに機会があるのでは・・・・(笑)
Commented by okkikeda at 2007-01-08 21:45
会長!。新年あけましておめでとうございます。
新年早々、建物探訪とはさすが会長。
古い建築ほど、建築技術だけでなく、きめ細かなデザイン・設計
に感動を受けます。想いのこもった建築はいつ見ても素晴らしいですね。
Commented by tanaka-kinoie at 2007-01-09 09:06
akikoさん
ギタリストだったんですか!
かっこいい~ 機会があればお聞かせ下さい。
Commented by tanaka-kinoie at 2007-01-09 09:13
ikedaさん
おめでとうございます。
新年早々、言いこと言いますね~
この年代で設計も施工もこれだけの物を形にした所には特に感銘を受けます。
プロだからこそ感じる事だと多いと思いますが、必見の価値ありです。
Commented by th0031 at 2007-01-09 22:36
はい、修士論文を「村野藤吾の建築作品に関する研究」で書かせていただきました。いやー、お恥ずかしい・・・
村野さんは「商業主義」を否定しなかった数少ない建築家の一人だと思います。デパートを数多く手がけている建築家は少ないと思います。
しかもこれほどの巨匠で・・
学生時代に作品を結構見ましが、名古屋界隈へはいけませんでした。この「丸栄」とか「志摩観光ホテル」(今もあるのかな?)とか・・
今回は時間がタイトで見れないかもしれません。近いうちに屋上上りたいですね・・。
Commented by tanaka-kinoie at 2007-01-10 08:23
菅さん
修士論文でしたか、失礼しました。
村野さんのエレガンスな建築が一番良く見れるのは東京では目黒庁舎(旧千代田生命)が一押しだ思います。
一昨年、久しぶりに麻布の指月亭、松寿荘を訪れたら指月亭の門を残し
更地、松寿荘は高級マンションになっていました・・・私のにTBしておきます。
Commented by th0031 at 2007-01-10 19:58
はい、田中さん 度々失礼します。
千代田生命ビル!同感です。これは名建築です。学生時代にくまなく見学しました。広報の確か牧原さんという方が隅々まで丁寧に案内してくれたのを覚えています。震えましたね。松寿荘と指月亭も外からだけですが見学しました。そうなんですね・・どちらもなくなってしまったんですね。
「なんていうことを・・」って感じですね。
Commented by tanaka-kinoie at 2007-01-11 21:31
菅さん
賛同頂き、ありがとうございます。
今度色々と語り合えると良いですね!!
<< 吉村順三記念ギャラリー おめでとうございます。 >>