近作計画 二題

c0019551_15183123.jpg

模型は基本設計が終わり実施設計中のものです。
なぜか最近は細長い建物が多いのです。
間口1に対して奥行きが2以上ある建物もあります。
敷地の形状によるものですがこんな場合に悩むのが斜線制限
とOMソーラーの集熱屋根との関係です。
屋根の形状も複雑になるばかりか平面計画でも構造での大きな
検討が必要となります。
こんな形が多いのも元々矩形だった土地を二つに割った事
ですが土地価格の高い近辺では余裕を持った土地の広さを
購入出来ない事情からです。



c0019551_15243274.jpg

狭小地のノウハウはたっぷりありますが今回はかなり手強いです。
斜線制限が敷地半分に掛かる複雑な条件です。
そんな理由で北側の屋根半分が積層の屋根形状に・・・・・
模型はともかく実物となると諸々の検討が必要です。
でもこの数年で蓄積した施工技術があればなんのその(笑)

設計企画/施工:田中工務店
設計協力:k+yアトリエ
by tanaka-kinoie | 2007-04-22 14:27 | 建築、仕事 | Trackback(2) | Comments(12)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/5932814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from OMソーラーの家「東京町家」 at 2007-04-22 17:07
タイトル : ブルーベリーハウスの見学会
東京の多摩地域には、まだまだ多くの農家があり、もちろん農協だってある。 畑も面積単価の高い野菜や果物が中心になる。 ここで最近目立ってきたのがブルーベリーファーム。 ブルーベリーは、ドウダンツツジによく似た可愛らしい花を咲かせる。 ガクのところがちょっと青紫なのが特徴で、この時期にあちこちで花が見られる。 白の他にピンクのものがあるのもドウダンに似ているかもしれない。 おっといけない、このままでは花屋延夫さんのブログになってしまう。(汗!) 今日のお話は、ブルーベリーハウス...... more
Tracked from K+Y blog at 2007-06-29 20:46
タイトル : 空中戦の攻防
三階建ての場合、二階建て以上に法的な高さ制限のかかり具合が厳しく、 それはプランにも大きく影響を与えるので、 屋根をどう掛けるかの検討、調整にはかなり時間を割く事になります。 この模型、すでに三代目さんのブログで見かけた方もいると思いますが、 この屋根形状は、 複雑に掛かってくる高さ制限、 ほぼ三世帯という大きなボリュームの確保、 意匠的な読み、 そこから必然的に導きだされた屋根形状なのです。 これまでの木造三階建ての住宅は一体型の屋根を採用していましたが、 実...... more
Commented by tokyomachiya at 2007-04-22 17:07
いやいや、これは百戦錬磨の成果ですね。
確かに敷地の細分化が、細長敷地(うなぎの寝床)を生み出すのですね。
今日見学会を行ったブルーベリーハウスもこんな敷地でした。
TBさせていただきました。
それにしても、模型に作るのは簡単でも・・・施工となると、雨の吹込みとか検討課題が沢山ありますね。
田中工務店の屋根ばかり集めた屋根の美術館ができそうです。(笑)
Commented by akikobeya at 2007-04-22 22:16
またまたすごい形の屋根ですね。
名古屋では考えられません。
Commented by tanaka-kinoie at 2007-04-23 09:16
迎川さん
今度複雑屋根を集めた特集をしてみます(笑)
Commented by tanaka-kinoie at 2007-04-23 09:19
akikoさん
今回は隣地と特殊な接し方をしているのでこんな特殊な感じになりました。
他のメーカーでは3階は無理だと言われたそうです。
Commented by hinata_gkc at 2007-04-23 09:44
模型みるだけで施工技術がわかるような気がします。笑
Commented by boro9239 at 2007-04-23 10:53
これまでの経験から今回は一体型の屋根は難しいだろうと判断、
割と早い段階から多層屋根形状で検討しましたが、これはこれでなかなか・・・ですね(笑)。
この屋根の形状を見て、周辺状況がイメージ出来る人は、
かなりの3F住宅の達人だと思います・・・
Commented by 塩地博文 at 2007-04-23 13:23 x
やりますね。
正直、唖然としてしまいました。
最近、野生動物は都市に生活の場を移しているそうです。
狸、隼、アライグマ・・・・。
都市の生きるとは、「土地さえあったら」「隣がいなければ」「道路がじゃまで」などど嘆く前に、したたかにそれに適応することなんですね。
Commented by kameplan_arch at 2007-04-23 23:26
す・すごいですね(汗)
模型でも難易度高そう・・・・

ん〜、位置指定道路に斜め45度からの北側斜線?
しかもその位置指定から敷地延長?
1種住居なのに1種高度?という感じですか?
Commented by tanaka-kinoie at 2007-04-24 08:16
hinataさん
必然的にこうなりましたが、どう料理するかは考え中です・・・・・・
Commented by tanaka-kinoie at 2007-04-24 08:23
boroさん
斜めの屋根が終わり、次は多層屋根、まあ次から次に厳しい条件がやってきますね(笑)
厳しい条件程、燃える性分なので楽しみです。
これこそ工務店で無いと、いやうちで無いと絶対に出来ない家だと思います。
日本一厳しい条件のOM工務店として頑張ります(笑)
Commented by tanaka-kinoie at 2007-04-24 08:26
塩地さん
したたかに対応するには設計力、施工力が不可欠です。
この1年で、狭小地のノウハウが格段に進歩しました。
大抵の事はやれる自身が出来ましたよ(笑)
Commented by tanaka-kinoie at 2007-04-24 08:32
kameさん
ご無沙汰です。
右(南西側)に節道があり正面右側の普通の屋根部分までは位置指定の無い通路が
あり多重屋根付近から隣地になります。
と言ってもわかりませんよね~
見学会で確認下さいね。(笑)
完成は多分来年早々です!
<< けやきの見える家 上棟 人間ドック >>